DRAGONS VICTORY > 2009年04月
2009年04月30日

パンデミック竜打線燕に3タテ食らいフェーズ5 岩瀬仁紀危険球退場

9回表、岩瀬の投じた1球目が頭部を直撃して倒れこむ青木宣親、捕手谷繁元信=ナゴヤドーム  2009年4月30日(木)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ、プロ野球公式戦6回戦が行われました。中日の先発は吉見一起、ヤクルトの先発は石川雅規で18時00分試合開始。

 ●中日0―3ヤクルト○ 6回表、吉見がガイエルに右越え5号ソロで先制された。中日は8回に得点圏に走者を進めながら無得点。吉見は8回3安打1失点で降板。9回表、高橋が武内の2点適時打で追加点を許し突き放された。試合は0対3で中日が敗れヤクルトに3タテされカード5連敗で借金3となった。

 ※画像=9回表、岩瀬の投じた1球目が頭部を直撃して倒れこむ青木宣親、捕手谷繁元信=ナゴヤドーム

 ●岩瀬が青木の頭部に当てた死球の球種とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月29日

中日連夜の自滅でヤクルトに4連敗

 2009年4月29日(水)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ、プロ野球公式戦5回戦が行われました。中日の先発は浅尾拓也、ヤクルトの先発は館山昌平で18時00分試合開始。

 ●中日1―7ヤクルト○ 3回表、浅尾はデントナの2点タイムリー二塁打で2点を先制された。5回裏、1死二塁から小山桂司が館山のスライダーを左中間へ適時二塁打で1点を返した。6回表、田中浩の中犠飛などで2点を追加された。浅尾は6回4失点で降板。ヤクルトに終盤以降も追加点を許した。試合は1対7で中日が敗れ連敗で借金2となった。中日はヤクルト戦4連敗。

 ※画像=なし

 ●小田幸平が2軍落ちでささやかれる噂とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月28日

中日守乱に落合監督が不快感 朝倉1発を悔やむ敗戦

 2009年4月28日(火)の中日ドラゴンズニュースとして、愛知県の豊橋市民球場で中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ、プロ野球公式戦4回戦が行われました。中日の先発は朝倉健太、ヤクルトの先発は川島亮で18時00分試合開始。

 ●中日2―4ヤクルト○ 2回表、朝倉は相川の適時打で1点を先制された。2回裏、和田の8号ソロで同点に追いついた。5回表、宮本の犠飛で勝ち越された。6回裏、2死三塁から井端の左前適時打で再び同点に追いついた。8回表、朝倉はデントナに5号2ランを浴びて勝ち越された。試合は2対4で中日が敗れ借金1となった。

 ※画像=なし

 ●落合監督が4三振のブランコを4番から外さない理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月27日

中日選手の年俸は12球団中5位

 2009年4月27日(月)の中日ドラゴンズニュースとして、本日は移動日のため試合はありませんでした。

 日本プロ野球選手会は27日、選手会加入選手の年俸調査結果(出来高払い分は除く)を発表しました。球団別では阪神が5794万円で1988年の調査開始以来初のトップとなりました。中日は4311万円で5位でした。

 ※画像=なし

 ●落合監督が4番ブランコ起用にこだわる理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月26日

川井雄太が今季初勝利!中日継投で巨人に完封勝利

巨人戦に先発して5回無失点で今季初勝利を挙げた川井雄太=東京ドーム  2009年4月26日(日)の中日ドラゴンズニュースとして、東京ドームで読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦6回戦が行われました。中日の先発は川井雄太、巨人の先発はセス・グライシンガーで14時01分試合開始。

 ●巨人0―8中日○ 1回表、森野、ブランコ、藤井の適時打で3点を先制した。3回表、和田の犠牲フライで1点を追加した。巨人グライシンガーを5回9安打4点でノックアウト。6回表、荒木の適時打で2点を追加した。8回表、ブランコの4号ソロ、9回表にも追加点を挙げた。中日は16安打8得点6投手の継投で巨人を零封。試合は0対8で中日が勝利した。

 ※画像=巨人戦に先発して5回無失点で今季初勝利を挙げた川井雄太=東京ドーム

 ●チェンを偵察要員に起用した理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月25日

天国から地獄へ岩瀬が亀井に代打逆転サヨナラ3ラン被弾

9回表、通算200号本塁打を放ち声援にこたえる和田一浩=東京ドーム  2009年4月25日(土)の中日ドラゴンズニュースとして、東京ドームで読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦5回戦が行われました。中日の先発はチェン・ウェイン、巨人の先発は高橋尚成で18時00分試合開始。

 ○巨人5x―4中日●(9回逆転サヨナラ負け) 2回裏、チェンがラミレスに左越えに3号ソロで1点を先制された。5回表、小池が高橋尚から右越えに1号ソロを放ち同点に追いついた。5回裏、チェンは2死三塁から鈴木の左前適時打で勝ち越された。8回表、荒木が山口から適時打で同点に追いついた。9回表、和田が豊田から通算200号となる7号2ランで勝ち越した。9回裏、岩瀬仁紀が無死一、二塁から代打亀井に中越え3ランを打たれた。試合は5対4で中日が逆転サヨナラ負けを喫した。

 ※画像=9回表、通算200号本塁打を放ち声援にこたえる和田一浩=東京ドーム

 ●岩瀬の不調は5連投の疲労だけでなく故障の噂とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月24日

中日が巨人を止める!小林正人1球で勝利投手

10回表、1死一、三塁から森野が左中間に勝ち越しの2点三塁打を放つ。投手越智=東京ドーム  2009年4月24日(金)の中日ドラゴンズニュースとして、東京ドームで読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦4回戦が行われました。中日の先発は山井大介、巨人の先発は福田聡志で18時00分試合開始。

 ●巨人2―3中日○(延長10回) 1回裏、山井がラミレスの適時内野安打で1点を先制された。山井は2回以降立ち直りった。8回表、山井の代打立浪和義が豊田からライトスタンドへ1号ソロ本塁打を放ち同点に追いついた。1対1で延長戦に入った。延長10回表、1死一、三塁から森野将彦が左翼への2点三塁打で勝ち越した。10回裏、5番手の岩瀬仁紀が阿部のソロによる1点に抑えて逃げ切った。試合は2対3で中日が勝利して勝率を5割に戻した。

 ※画像=10回表、1死一、三塁から森野が左中間に勝ち越しの2点三塁打を放つ。投手越智=東京ドーム

 ●岩瀬が延長10回に3安打を浴び不安な投球の理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月23日

吉見痛恨の失投桧山に同点弾!延長12回の末中日敗れる

 2009年4月23日(木)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対阪神タイガース、プロ野球公式戦5回戦が行われました。中日の先発は吉見一起、阪神の先発は安藤優也で18時00分試合開始。

 ●中日1―4阪神○(延長12回) 5回裏、無死一、三塁から森野将彦が右翼フェンス直撃の適時二塁打で1点を先制した。8回表、吉見は代打桧山に1号ソロを打たれて同点にされた。吉見は8回を投げて10奪三振1失点。1対1の同点で延長戦に突入した。12回表、パヤノが鳥谷に3ランを打たれて勝ち越された。試合は1対4で中日が敗れ再び借金1となり4位に転落した。

 ※画像=なし

 ●5回に森野の二塁打で井端が本塁突入アウトの要因とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月22日

中日が阪神に連勝で5割復帰!浅尾拓也7回2失点で2勝目

阪神戦に先発して7回4安打2失点で2勝目を挙げた浅尾拓也=ナゴヤドーム  2009年4月22日(水)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対阪神タイガース、プロ野球公式戦4回戦が行われました。中日の先発は浅尾拓也、阪神の先発は久保康友で18時00分試合開始。

 ○中日6x―2阪神● 1回裏、1回2死一、二塁から和田一浩の適時打で1点を先制した。3回表、浅尾は関本の適時打で同点に追いつかれた。5回裏、野本圭の遊ゴロ、小山桂司の適時打などで3点を勝ち越した。6回表、新井の遊ゴロの間に1点を返された。6回裏、和田の適時打、野本の適時二塁打で2点を追加して突き放した。中日は8回からパヤノ、斉藤、高橋、岩瀬の継投で逃げ切った。試合は6対2で中日が2連勝で勝率を5割に戻した。浅尾は7回4安打2失点で開幕戦以来となる2勝目を挙げた。

 ※画像=阪神戦に先発して7回4安打2失点で2勝目を挙げた浅尾拓也=ナゴヤドーム

 ●4点リード打者一人で岩瀬を投入した理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月21日

朝倉健太が阪神を8回1失点好投で中日連敗を4で止める

阪神戦に先発して8回を2安打1失点で2勝目を挙げた朝倉健太=ナゴヤドーム  2009年4月21日(火)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対阪神タイガース、プロ野球公式戦3回戦が行われました。中日の先発は朝倉健太、阪神の先発は下柳剛で18時00分試合開始。

 ○中日2x―1阪神● 1回表、朝倉は1死三塁から鳥谷の遊ゴロの間に1点を先制された。3回裏、2死一、三塁から和田一浩の左中間2点二塁打で逆転した。5回裏、1死三塁の追加点のチャンスに森野、ブランコが凡退し追加点を奪えなかった。6回表、朝倉は2死一、二塁のピンチで鳥谷を二ゴロで無得点でしのいだ。朝倉は8回を投げて2安打1失点の好投。9回表は守護神、岩瀬仁紀が無失点で締めた。試合は2対1で中日が勝ち連敗を4で止めた。

 ※画像=阪神戦に先発して8回を2安打1失点で2勝目を挙げた朝倉健太=ナゴヤドーム

 ●野本圭をスタメンから外し英智を起用した理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月20日

中日が清水昭信、新井良太、堂上剛裕の登録を抹消

 2009年4月20日(月)の中日ドラゴンズニュースとして、21日からの阪神戦に備えてナゴヤドームで練習を行いました。

 中日は20日、清水昭信投手、新井良太内野手、堂上剛裕外野手の出場選手登録を抹消しました。

 ※画像=なし

 ●3選手に代わり選手登録され1軍に昇格する選手とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月19日

いい負けだ!中日が巨人に3タテ喰らい4連敗

 2009年4月19日(日)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ、プロ野球公式戦3回戦が行われました。中日の先発は山井大介、巨人の先発は高橋尚成で14時00分試合開始。

 ●中日5―6巨人○ 1回表、山井が小笠原の先制適時打などで4点を先制された。2回裏、小山の適時三塁打で1点を返した。3回裏、ブランコの3号2ラン、和田の6号ソロで4対4の同点とした。4回裏、荒木の適時打で勝ち越した。5回表、2番手ネルソンが阿部、坂本の連続適時打で2点を失い逆転された。試合は5対6で中日が逆転負けでナゴヤドームで巨人に3タテを許し4連敗で借金2となった。

 ※画像=なし

 ●リードされている場面2試合連続で岩瀬を投入した理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月18日

落合監督、小田幸平を吐き捨てる!中日3連敗で借金生活突入

 2009年4月18日(土)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ、プロ野球公式戦2回戦が行われました。中日の先発はチェン・ウェイン、巨人の先発は福田聡志で15時00分試合開始。

 ●中日2―3巨人○ 4回裏、1死一、三塁からトニ・ブランコの右前適時打で1点を先制した。5回裏、森野将彦の5号ソロ本塁打で追加点。7回表、チェンが1死二、三塁からアルフォンゾ、坂本の連続適時打で追いつかれた。8回表、チェンが寺内に本塁打を浴びて逆転された。試合は2対3で中日が逆転で敗れ今季初の3連敗で借金1となった。

 ※画像=なし

 ●落合監督が小田幸平を2軍に降格させる可能性とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月17日

吉見が巨人の一発攻勢3発に沈み中日逆転負け

 2009年4月17日(金)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ、プロ野球公式戦1回戦が行われました。中日の先発は吉見一起、巨人の先発は東野峻で18時00分試合開始。

 ●中日3―5巨人○ 1回裏、無死一塁から井端弘和が適時二塁打、和田一浩の適時二塁打、野本圭の適時打で3点を先制した。2回表、吉見が李の3号ソロで1点を返された。4回表、ラミレスの2号2ランで同点とされ李の2打席連続の4号ソロで勝ち越された。試合は3対5で中日が逆転負けで2連敗。勝率5割となった。

 ※画像=なし

 ●落合監督が小田幸平捕手にダメ出しをした理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月16日

浅尾拓也7回に力尽き竜打線ソロ3発阪神に連勝ならず

 2009年4月16日(木)の中日ドラゴンズニュースとして、阪神甲子園球場で阪神タイガース対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦2回戦が行われました。中日の先発は浅尾拓也、阪神の先発は久保康友で18時00分試合開始。

 ○阪神4―3中日● 1回裏、浅尾が鳥谷に2ランを打たれ先制された。4回表、井端が久保から1号ソロを放ち1点差に迫った。6回表、森野がセンターバックスクリーンに4号ソロを放ち同点に追いついた。7回裏、浅尾が鳥谷に適時打を打たれ降板。2番手のパヤノも金本に適時打を打たれ2点を勝ち越された。中日打線はアッチソン、藤川の継投にかわされた。試合は4対3で中日が敗れた。

 ※画像=なし

 ●不振のブランコと好調和田の4番入れ替えの可能性とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月15日

朝倉健太1年ぶり勝利!天敵阪神下柳攻略で中日連敗止める

阪神戦に先発して1年ぶりとなる勝利を挙げた朝倉健太=甲子園球場  2009年4月15日(水)の中日ドラゴンズニュースとして、阪神甲子園球場で阪神タイガース対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦1回戦が行われました。中日の先発は朝倉健太、阪神の先発は下柳剛で18時00分試合開始。

 ●阪神2―9中日○ 1回表、2死一、三塁で和田一浩の適時打で先制した。2回表、荒木雅博の適時二塁打で追加点。2回裏、関本の適時打で1点を返された。3回裏、鳥谷の内野ゴロの間に同点に追いつかれた。朝倉は5回裏、2死満塁のピンチで金本を二飛に抑えた。7回表、金本の適時失策で勝ち越しなおも1死満塁から森野将彦の適時三塁打などで5点を挙げた。9回表、和田の2ランで突き放した。朝倉は6回を投げて6安打2失点。7回からは継投で逃げ切り試合は2対9で中日が勝ち連敗を止めた。朝倉は約1年ぶりの勝利を挙げた。

 ※画像=阪神戦に先発して1年ぶりとなる勝利を挙げた朝倉健太=甲子園球場

 ●小山桂司がスタメンマスクを被り続ける可能性とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月14日

甲子園の阪神対中日戦試合開始10分前に降雨中止が決定

 2009年4月14日(火)の中日ドラゴンズニュースとして、阪神甲子園球場で阪神タイガース対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦1回戦が18時から行われる予定でしたが降雨により中止となりました。

 ▲阪神―中日▲(降雨中止) 中日の先発は朝倉健太、阪神の先発は久保康友。雨が降りしきる中でメンバー交換が行われましたが、試合開始予定の10分前に中止が決定して場内にアナウンスされたそうです。

 ※画像=なし

 ●試合開始10分前に試合中止が決定した経緯とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月13日

山井大介と澤井道久が1軍合流!山本昌は登録抹消

 2009年4月13日(月)の中日ドラゴンズニュースとして、ドラゴンズナインは14日からの阪神戦(甲子園球場)に備えて広島から大阪へ移動しました。移動後は甲子園で練習が行われました。

 12日の試合(広島戦)で自己ワースト10失点でノックアウトされた山本昌投手が出場選手登録を抹消されて2軍降格。山井大介投手が13日朝に名古屋から大阪入りして、甲子園での練習に合流しました。沢井道久内野手も大阪入りして甲子園で打撃練習などを行いました。両選手は14日に出場選手登録されるとみられています。

 ※画像=なし

 ●山井大介が阪神戦で先発する可能性とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月12日

山本昌10失点KO!中日2試合連続完封負け

広島戦に先発し、実働年数がセ・リーグ単独最長記録の24年となった山本昌=マツダスタジアム  2009年4月12日(日)の中日ドラゴンズニュースとして、マツダスタジアム(MAZDA Zoom−Zoom スタジアム広島)で広島東洋カープ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦3回戦が行われました。中日の先発は山本昌、広島の先発は篠田純平で13時30分試合開始。

 ○広島10x―0中日● 3回裏、山本昌が赤松の三塁打を皮切りに、石原、嶋、梵に適時打を浴び打者一巡の4長短打で5点を失った。4回裏、またも打者一巡で5点を追加された。今季初登板で先発の山本昌は4回10安打10失点。中日打線は広島先発の篠田の前に散発4安打無得点。試合は10対0で中日が2試合連続完封負けを喫した。

 ※画像=広島戦に先発し、実働年数がセ・リーグ単独最長記録の24年となった山本昌=マツダスタジアム

 ●山本昌に代わり谷哲也が2軍降格となった理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む
2009年04月11日

中日マエケンに5安打完封負けで首位転落!

 2009年4月11日(土)の中日ドラゴンズニュースとして、マツダスタジアム(MAZDA Zoom−Zoom スタジアム広島)で広島東洋カープ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦2回戦が行われました。中日の先発はチェン・ウェイン、広島の先発は前田健太で14時00分試合開始。

 ○広島2x―0中日● チェンと前田健両投手の好投で投手戦となった。チェンは7イニングを投げて3安打5奪三振無失点。中日は8回表、2アウト一、三塁で荒木が二ゴロに倒れ、好機を生かせなかった。8回裏、2番手清水昭信が1アウト満塁のピンチで降板。3番手のパヤノが代打緒方に押し出し四球。4番手の斉藤も代打石井に押し出し四球を与え2点を先制された。中日打線は前田健に5安打無得点抑え込まれ完封負け。試合は2対0で中日が敗れた。巨人が阪神に4対1で勝ったため中日は首位の座から転落した。

 ※画像=なし

 ●中日中継ぎ投手陣が四球を連発した理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズでドラゴンズ最新情報を見る

続きを読む