最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2008 > 中村紀洋がFA宣言!下交渉で中日と決裂!日本ハム移籍が有力
2008年11月15日

中村紀洋がFA宣言!下交渉で中日と決裂!日本ハム移籍が有力

 2008年11月15日(土)の中日ドラゴンズニュースとして、中日の中村紀洋内野手がフリーエージェント(FA)権を行使してFA宣言することが分かりました。既に球団には必要書類を提出済みで、19日に連盟公示されるそうです。

 スポニチの報道によると、中村紀の移籍先は近鉄時代の指揮官でもある梨田監督の日本ハムが最有力とみられるそうです。

 ※画像=なし

 ●中村紀洋がFA宣言を決めた落合監督の確執とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ記事を見る



【中村紀洋FA宣言関連速報記事】
中日の中村紀がFA権行使 既に球団に申請提出(共同通信)
 2度目のフリーエージェント(FA)資格を今季取得した中日の中村紀洋内野手(35)が、権利を行使することが15日、分かった。既に必要な申請書類を球団に提出している。中村紀は球団を通じ「残りわずかな野球人生をと思い、権利を行使させてもらう」とコメントした。

 西川球団社長によると、中村紀は球団幹部と来季の契約について下交渉した際に、FA権行使の意思を伝えた。「中日に対して不満はない。出て行くことが前提ではない」としながらも「チャンスなので他球団の評価を聞きたい」と話したという。中村紀は4月14日に2度目のFAの資格条件を満たした際は「興味ない」と権利行使の意思がないことを示していた。

 中村紀は2006年オフにオリックスとの契約がまとまらずに自由契約となり、07年に中日にテスト入団。その年の日本シリーズで53年ぶりの日本一に貢献し、最高殊勲選手となった。

中日・中村紀もFA宣言=「移籍が前提ではない」−プロ野球(時事通信)
 中日の中村紀洋内野手(35)がフリーエージェント(FA)の権利を行使することが15日、分かった。既に球団には申請書を提出している。

 中村紀は球団を通じ、「監督をはじめドラゴンズ関係者にチャンスをいただけなかったら、こういう権利を得ることができなかったので感謝しています。残りわずかな野球人生をと思い、もう一度権利を行使させていただきます」とコメントした。ただ、西川球団社長は「他球団移籍が前提ではないと聞いている」と話しており、残留の可能性も示唆した。

 中村紀はオリックスとの契約交渉が決裂し2007年、中日に育成枠で入団、開幕前に支配下登録された。同年の日本シリーズでは最高殊勲選手に輝くなど53年ぶりの日本一に貢献。今季再びFA権を取得した。

ノリFA宣言「残りわずかな野球人生を」(日刊スポーツ)
 中日中村紀洋内野手(35)がFA権を行使することを発表した。球団を通じて「残りわずかな野球人生をと思い、もう1度権利行使させていただきます」とコメント。中村紀は近鉄時代の02年に続いて2度目のFA権行使となった。

中日:中村紀洋内野手がFA権行使で申請書類提出(毎日新聞)
 中日の中村紀洋内野手(35)がフリーエージェント(FA)権行使の申請書類を球団に提出していたことが15日、分かった。近鉄時代の02年以来2度目のFA宣言となる中村紀は球団を通じて「(落合)監督をはじめドラゴンズ関係者に感謝しています。残りわずかな野球人生と思い、もう一度権利を行使させていただきます」と談話を発表した。

【11月15日付朝刊記事】
中村紀、FA宣言 「持ったまま終えたくない」(中日新聞)
 中日の中村紀洋内野手(35)が、今季再取得したフリーエージェント(FA)権を行使してFA宣言したことが14日、分かった。

 中村紀は「中日が拾ってくれなかったら、この権利を手にすることもなかった。中日には感謝している」と話した。「権利を持ったまま残り少ない野球人生を終えたくなかった。使わせていただく機会を中日に与えてもらったと思っている」と理由を明かし、「どこからも誘いがなければ、権利を行使して中日に残留する可能性もある」とした。

 落合監督は来季、4番に中村紀を起用することについて「それはない」と明言。レギュラー8人を固定した今季とは一転し、ポジション争いさせることを打ち出している。退団したウッズに続いて今季チーム1、2位の本塁打打者が抜ける可能性が出てきた。

衝撃 ノリFA宣言 残留か移籍か「今は白紙」(中日スポーツ)
 中日の中村紀洋内野手(35)がフリーエージェント(FA)宣言することが14日、分かった。既に球団には必要書類を提出済みで、19日に連盟公示される。移籍ありきの宣言ではないとはいえ、主砲・ウッズに続いて右の大砲の退団危機。

「球団に文句があるのではありません。あの(一昨年オフの)騒動の中、ボクを獲得してくれたのはドラゴンズだし、こうして2度目の権利を取得できたのもドラゴンズのおかげです。落合監督にもすごく感謝しています。でも、この先そう長くはない野球人生を、権利をもったまま終わりたくなかったんです」

「行き先? もちろん白紙です。何も分かりませんよ。どこからも話がなければ、使って残留ということもあります。来年もお世話になるかも分かりませんということは、球団にも伝えているし、落合監督にもお話しさせてもらいました」

 宣言イコール移籍ではないことを中村紀は強調した。中日を含め、すべての球団に門戸を開く。ただ、推定年俸5000万円は、今季から導入された新補償システムでは、Cランク。つまり、獲得する球団は中日への補償の必要はない。これが追い風となり、移籍となる可能性は十分にあるのだ。

中日“戦力外”ノリがFA! Cランクで初(サンスポ)
 中日・中村紀洋内野手(35)が、他球団への移籍を視野にフリーエージェント(FA)権を行使したことが14日、分かった。この日までに、球団に権利行使のための申請書類を提出。国内球団への移籍を最優先に、海外球団も含めてオファーを待つことになる。

 中村紀は、2006年オフにオリックスとの契約交渉がこじれて自由契約となり、翌07年2月、中日にテスト入団。育成選手を経て開幕直前に支配下選手となり、同年の日本シリーズではMVPに輝く活躍をみせた。

 今季、2度目のFA権を取得したが、当初は“中日への恩義”から権利行使には消極的だった。だが、落合監督は来季は三塁に森野を置く構想を固め、中村紀は新井ら若手と一塁のポジションを競争させることを公言。中村紀にとって“三塁構想外”はショックで、中日と落合監督には感謝を表しつつ35歳という年齢からFA権行使は最後のチャンスととらえ、移籍を目指すことになった。

 中村紀は今季から変更されたFA制度では、一切の補償を伴わない「Cランク」の選手としては初のFA宣言選手となる。複数球団が獲得に動くことが予想される。特に強打の内野手を探している楽天は早くから調査を進めており、20日の交渉解禁を待って、名乗りを上げるとみられる。

下交渉で決裂…ノリ急転!FA宣言でハムへ(スポニチ)
 中日の中村紀洋内野手(35)が14日までにFA権を行使する意思を固め、必要書類を提出していたことが分かった。12日までに中日と数回の下交渉を行ったが決裂。他球団への移籍を前提として、02年オフ以来自身2度目となるFA宣言を決断した。移籍先は近鉄時代の指揮官でもある梨田監督の日本ハムが最有力とみられる。

 シーズン中に「ドラゴンズに骨を埋めるつもり」と話していた中村紀が急転、FA宣言することになった。本紙の取材に「中日ドラゴンズ、落合監督には拾ってもらって感謝してます。でも、僕にもここまで一線でやってきたプライドはある。いろんな思いもあるし…。FA権を持ったまま終わるのもいやだし、残りわずかな野球人生。家族とも相談してもう一度、頑張ってみようということに決めました」と胸の内を明かした。

 中日とはオフに数回、電話で下交渉を重ね「一度会って話したい」と12日には球団フロントと名古屋市内で極秘交渉を行った。だが、納得できるものではなく、他球団への移籍を前提に権利行使することを決めた。

 悩み抜いた末の結論だった。2007年1月にオリックスを自由契約となり、浪人を覚悟していたところで、中日に入団テストで拾われた。育成選手からはい上がり、同年の日本シリーズではMVPを獲得した。

 今季は腰痛と闘いながら140試合に出場し打率・274、24本塁打、72打点。だが、ウッズが解雇され、森野を三塁に専念させるプランが浮上。さらに落合監督はオフの補強について「センター、ファーストを守れる外国人の獲得を目指す」と明言。中村紀を構想外と言わんばかりの球団の姿勢が移籍へと気持ちを動かした。

「来てくれる球団があればどこへでも行きます。自分はCランクだから、どこか来てくれるでしょ」と中村紀。移籍先として有力なのは近鉄時代の恩師でもある梨田監督が率いる日本ハムだ。大砲の獲得がオフの課題となっており、年俸も5000万円と高額ではないため獲得に乗り出す可能性は高い。02年に近鉄からFA宣言した際にも梨田監督の説得によって翻意し残留を決意。再び“いてまえタッグ”結成は十分にありそうだ。


 今日は朝から温泉に行くつもりでしたが、中村紀洋のFA宣言の報道を知り急遽予定を変更して温泉は取り止めにしました(苦笑)ノリはFA権を取得したときに中日に骨を埋めるつもりで、残留することを明言していましたが、この心境の変化はおそらくウッズが退団したことで、ノリが来季は一塁を守ることになり、またレギュラーを確約されていないという落合監督の方針に納得がいかなかったのかも知れません。

 ノリのFA宣言したことについて西川順之助球団社長は「他球団移籍が前提ではないと聞いている」と話していますが、それは建て前であって本心は違うんじゃないかと思います。どの球団も手を挙げなければ残留とのことですが、ノリの推定年俸5000万円は、今季から導入された新補償システムでは、Cランクで獲得する球団は中日への補償の必要はないとのことなので、獲得に乗り出す球団は必ず現れて、スポニチの報道のように梨田監督の日本ハムへ移籍となるのかもしれません。

 この記事では中村紀洋FA宣言についてお伝えしましたが、次の記事では川上憲伸のFA宣言についてお伝えします。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
まったく寝耳に水の報道でした…。

予想もしなかったノリのFA行使に色々な思いが交差しています。
一ドラファンとしてあまり喜べない心境です。
なぜなら彼は入団当時「ドラゴンズに骨を埋める」と公に発言しての行使ですからね…。
FAの権利は選手の自由ですが、あそこまで言ってファンをその気にさせておいての行使は、少し裏切られたような気がしてなりません。
やはり「のど元過ぎれば熱さ忘れる」でしょうか…。以前のノリにもどってしまったような気がして残念です。
移籍が決まったわけではないですが、なんだかふに落ちませんね…今回の件は…。

このことを通して若手にレギュラーのチャンスがより広がり、彼らが目の色を変えてキャンプに取り組むことに期待します。
福田、平田、新井、堂上兄弟よ!
ドラゴンズの星となれ!

長々とすみません…
Posted by サウスアイランド at 2008年11月15日 18:29
>サウスアイランドさん
コメントありがとうございます。
ノリはFA権を取得したときは残留するつもりでいたようですが、状況が変わったために気持ちも変わったんだと思います。
守備では三塁にこだわっていたのに、来季は森野が三塁でノリは一塁でしかも新井や他の選手とレギュラー争いをすることで、事実上戦力外と受け取ったようです。
確かにノリのFA宣言は予想外で驚きましたが、仕方がないと思っています。
自分の権利なので本人の思うようにすれば良いと思います。
ウッズ、ノリがいなくなることで若手選手はチャンスです。来季は新井や平田や堂上兄弟がレギュラーを取れるように頑張ってもらいたいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2008年11月15日 19:17
こんばんゎ。
本来このチームゎ、今年みたくスタメンがほぼ確約って方がアレだと思ぅんですけどね。
まぁこれでさすがに若手も育つはず、と思って期待します!
キャンプゎ益々激化かなw
Posted by Dra at 2008年11月15日 22:41
>Draちゃん
こんばんは
これで若手が出てきてもらわないと困りますね
キャンプで徹底的に鍛えてレベルアップしてもらいたいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2008年11月16日 01:24
どうなんでしょうね。阪神移籍が一番濃厚かなと思ってます。

Draさんも仰ってますが、森野と和田以外のスタメン確約のが問題ですからね。
金がとか、関西に帰りたいとかならともかく方針が気に入らないなら、
どうぞ出てって構いませんと思います。落合監督の方が一貫性があるので。

新井は最後のチャンスと思ってひたすら頑張って貰いましょう!
Posted by FU-TA at 2008年11月16日 03:00
>FU-TAさん
コメントありがとうございます。
阪神は三浦と川上に興味を示していますが、ノリも獲得するつもりなんでしょうか。
来季の年俸や起用法が気に入らないのかも知れませんね。
新井はチャンスをつかんで欲しいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2008年11月16日 09:06
こんばんは

ノリさんのFA宣言には賛否両論あるのでしょうが、球団側との交渉内容やノリさんの抱えている色々な事情など、我々には計り知れないものがありますね。

今は、ただ手を上げてくれる球団があり、好条件での現役続行が叶うよう願うばかりです。十分な感動を与えてもらえましたしね。あとは若手の奮起を待ちたいものですね。でも、寂しいです、本音は。
Posted by ジュウニダンメ at 2008年11月16日 19:34
>ジュウニダンメさん
こんばんは
コメントありがとうございます。
ノリのFA宣言は驚きましたが、本人の希望が叶うと良いなと思います。
昨年の日本シリーズでの活躍で日本一、今年も良いところで打ってチームを3位に導いてくれた功労者でしょう。
ノリがいなくなることは若手にチャンスなので、ノリも新天地で頑張ってもらいたいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2008年11月16日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック