最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > 藤井淳志が左打席で2ラン 練習試合中日が韓国LGに勝利
2009年02月18日

藤井淳志が左打席で2ラン 練習試合中日が韓国LGに勝利

 2009年2月18日(水)の中日ドラゴンズニュースとして、沖縄キャンプ18日目は、本日から実戦が始まり北谷球場で韓国LGツインズとの練習試合が行われました。

 右打者からスイッチ打者に転向する藤井淳志外野手が、韓国LGとの練習試合に出場して、左打席で2ランを含む2安打を放ちました。試合は中日が6−4で勝ちました。浅尾拓也投手が北谷球場のブルペンで落合監督が見守る中で201球を投げ込みました。

 ※画像=なし

 ●藤井がスイッチヒッターに専念する可能性とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ記事を見る



【中日ドラゴンズ関連速報記事】
浅尾が先発へアピール 中日(共同通信)
 先発枠を狙う3年目の浅尾が、落合監督が見守るブルペンで201球を投げ込んだ。一心不乱に右腕を振り続け、最後は他の投手陣が引き揚げたため指揮官の視線を独占。これほどまでの球数は野球人生で初めてだそうで「アピールしないといけないので」と満足そうに汗をぬぐった。

 昨季は岩瀬につなぐセットアッパーを任され、44試合で防御率1・79の好成績でこたえた。スタミナにも自信があるようで「けがもなく順調にきている」と手応えを口にした。

【中日】浅尾201球投げ込む「疲れなし」(日刊スポーツ)
 浅尾拓也投手(24)が18日、北谷球場ブルペンで201球を投げ込んだ。午前中にブルペン入りした浅尾は昼すぎまで1人、直球、スライダー、フォークなどすべての球種を投げ続けた。見守っていた落合博満監督(55)も途中で「最後までは付き合えないな」とメーン球場へ移動したほど。投球練習後、浅尾は「変化球も交えたのでそんなに疲れませんでした」と話した。

スイッチ転向の藤井が快打 中日(共同通信)
 右打者からスイッチ打者に転向する藤井が、韓国LGとの練習試合に出場、左打席で2ランを含む2安打を放った。

 3回の第2打席で外角球を左前二塁打すると、5回の第3打席では直球を右翼席にライナーで突き刺した。走力、守備力には定評があり、中堅の定位置獲得が期待される4年目の27歳。「しっかり振れていた。(左右)両方で打てることが必ずプラスになるはず」と自信を深めた様子だった。

 試合は中日が6−4で勝った。

実戦スタート。(中日公式ブログ)
 先発は長峰昌司投手でしたが初回にホームランを含む2失点の結果でした。1番ルーキーの野本圭はプロ初打席でヒットを打ちました。3番指名打者の中川裕貴は初回に見事なフェンス直撃のツーベースを放ちました。


 中日沖縄キャンプはいよいよ実戦モードに突入。韓国LGツインズと練習試合を行った。練習試合の様子は東海テレビの夕方のニュースで見ました。期待のルーキー野本は初打席でヒットを打った。しかし二塁に進んだ野本は中川の二塁打で本塁に帰ることが出来ず三塁に止まったままで走塁で課題を残した。

 もう一人の新戦力トニ・ブランコも試合に出場して、第1打席は内野ゴロ、第2打席は見逃し三振で結果を残せなかった。日本の投手のボールにまだ慣れていないのか少し不安な感じがした。

 そして藤井が左打席で2ランホームランを放った。ホームインして嬉しそうな表情をしていた。突然ですが天津木村風に吟じます。藤井のスイッチヒッターは〜なんだかイケそうな気がするぅ〜。あると思います。今年は藤井がやりそうな予感がします。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
おはようございます。
藤井イイですね〜。(^^)v
この調子なら1番バッターOKですね〜ぇ♪
中川クンも良さそうだし↑↑↑
ケガ無く開幕を迎えて欲しいです。

Posted by xyz at 2009年02月19日 06:56
おはようございます
藤井にもがんばってほしいですが
平田や野本にも・・・・・
とにかく怪我なく頑張って欲しいです!
Posted by mi-kun at 2009年02月19日 07:50
>xyzさん
おはようございます
藤井はスイッチに戻してすぐに結果が出せて良かったですね。
1番は荒木だと思います
中川もこの調子で頑張って欲しいです。

>mi-kunさん
おはようございます
藤井と野本のレギュラー争いがおもしろくなってきました。
平田や小池も絡んでもらたいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年02月19日 09:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック