最新記事
DRAGONS VICTORY野球日本代表 > WBC日本が韓国に勝ち1位で準決勝 村田修一負傷離脱で栗原健太を召集
2009年03月20日

WBC日本が韓国に勝ち1位で準決勝 村田修一負傷離脱で栗原健太を召集

8回表、無死一、三塁で代打小笠原道大が右前に勝ち越し打を放つ=ペトコ・パーク  2009年3月20日(金)の野球ニュースとして、野球の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は3月19日(日本時間20日)、米カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークでの2次ラウンド1組1位決定戦で韓国と対戦して、6対2で日本が勝利して1位通過で準決勝進出となりました

 準決勝の対戦カードは21日(日本時間22日)がベネズエラ(2組1位)対韓国(1組2位)、22日(同23日)が日本(1組1位)対米国(2組2位)に決まりました。

 ※画像=8回表、無死一、三塁で代打小笠原道大が右前に勝ち越し打を放つ=ペトコ・パーク

 ●メジャーリーガー福留孝介がスタメンを外された理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ記事を見る



【WBC日本代表関連速報記事】
日本、1組1位で準決勝へ 韓国に15安打浴びせ快勝(共同通信)
 野球の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は19日、米カリフォルニア州サンディエゴで2次ラウンド1組の1位決定戦を行い、日本が韓国に6−2で勝った。

 準決勝の対戦カードは21日(日本時間22日)がベネズエラ(2組1位)と韓国(1組2位)、22日(同23日)が日本(1組1位)と米国(2組2位)に決まった。

 日本は2回、内川(横浜)の本塁打などで2−1とリード。7回に韓国の李机浩に同点本塁打を許したが、直後の8回、代打小笠原(巨人)と岩村(レイズ)の適時打などで3点を勝ち越し、9回にも1点を加えた。

 日本は村田(横浜)が負傷で退場するアクシデントもあったが、韓国の6投手に15安打を浴びせる一方、7投手の継投で6安打2点に抑えた。

村田が肉離れで戦線離脱 WBC日本、栗原を招集(共同通信)
 野球の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の村田修一内野手(横浜)は19日、米カリフォルニア州サンディエゴで行われた2次ラウンド1組の1位決定戦(韓国戦)の4回、走塁中に右太もも裏を痛めて途中交代した。

 球場内で検査を受けた結果「肉離れ」と診断された。原辰徳監督は「重傷。プレーできる状態ではない」と説明した。

 日本代表は決勝トーナメント開始を前に、広島の栗原健太内野手との入れ替え手続きに入った。栗原は日本時間21日に成田空港を出発し、チームには現地時間21日に合流する予定。

【日本代表選手、原監督のコメント】
 ◇内川聖一外野手(2回同点ソロ)
「1年に1回あるかないかの当たり。(先発の)内海が同い年で、何とかしたかった。韓国には2つ負けていたので何とか勝ちたかった。(試合前に原監督からアドバイス)ボールの見方について(の助言)だった。バッティング練習から気持ちよく打てた。(村田について)『悪いな、頑張ってくれ』と言われた。一番悔しいのは村田さん」

 ◇イチロー外野手
「(8回青木のバントヒットについて)あれは青木の頭と技術。すごい。本当にいい選手ですよ。(村田が負傷離脱)残念。これ以外に表現はない。これはもう戦力がどう、ということではない。(韓国戦)プライドですね。3連敗はできない」

 ◇小笠原道大内野手(8回勝ち越し適時打)
「緊迫したゲームだったので、途中からベンチで体を作って準備をしていた。あの回、みんなが作ったチャンスだったので、追い込まれてはいたが何とか気持ちで食らいついてバットに当てようと思っていたので、上手くバットに拾えて結果が出たので良かった。(米国戦について)調子もだいぶ上がってきている。決勝ラウンドに進めるということで非常に興奮しているし、楽しみにしているのでしっかりコンディションを整えて挑みたい」

 ◇青木宣親外野手
「(村田について)結果も出していたし、日本には痛い」

 ◇内海哲也投手(先発して1失点3回途中降板)
「すごく緊張した。自分の体じゃないぐらいふわふわした。リズムに乗れなかった」

 ◇小松聖投手(2番手で登板5奪三振)
「野球をしたい気持ちが強かった。自分らしい投球をしたかった」

 ◇阿部慎之助捕手(初の先発マスク)
「勝ったのが一番うれしい。投手の良いところを少しでも出せればいいと思っていた」

 ◇馬原孝浩投手(8回1イニングを無失点)
「先頭打者を出したけれど、走者だけは返さないようにと思っていた。1点入るのと入らないのとでは藤川さんへのプレッシャーが違う」

 ◇藤川球児投手(次の米国戦について)
「ゲームの流れに従うだけ。無失点で終われるようにします」

 ◇山口鉄也投手(7回に救援で併殺を奪う)
「流れが悪くなりそうなところだった。どんな形でもいいからアウトを取りたかった」

 ◇松坂大輔投手(準決勝の先発が有力)
「(対戦するアメリカについて)打線はいいと思う。それだけのメンバーがそろっている(村田について)ここまでよく打って、守ってくれていた。『シュウ(村田)の分まで頑張る』と伝えた」

 ◇城島健司捕手
「(米国との対戦について)名前負けしてはいけない。日本のピッチャーはどこに出しても恥ずかしくない。一番いい球を投げ込めば(大丈夫)。米国に8割バッターがいるなら別だけど、(好調でも)バッターは3割しか打てないんだから」

 ◇村田修一内野手(4回右太ももの裏を痛め途中交代)
「体を張って日本のために全力を尽くした。あとはみんなに頑張ってもらいたい。」

 ◇栗原健太内野手(故障の村田に代わり緊急招集)
「びっくりしている。緊張すると思うけれど、力になれるように頑張りたい。実戦も多くこなしているし、自分のスイングを思い切ってやろうと思う」

 ◇山田久志投手コーチ
「うまく決まりましたね。つないだ投手、つないだ投手がきっちりいく継投の理想の形」

 ◇原辰徳監督
「決勝ラウンド(準決勝)に進むのが決まった後で、フラットな精神状態で戦えた。尊敬できるアメリカ野球に挑戦できるのは大変、興奮している。わたし自身、メジャーに追い付け、追い越せの中で教育されてきた。『ベーブ・ルース物語』その本を読んで(大リーグに)興味を持った。先発投手? 作戦上不利になることは言いたくない。」

■試合スコア
 ◇野球 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(ペトコ・パーク、18:00 日本時間:20日 10:00) 

 「2次ラウンド」【1組】▽1位決定戦 韓国−日本     

日 本 020 000 031−6
韓 国 100 000 100−2

【投手】
(日)内海、小松、田中、山口、涌井、馬原、藤川−阿部
(韓)張ウォン三、李承浩、李在雨、呉昇桓、金廣鉉、林泰勲−姜ミン鎬、朴勍完

【責任投手】
(勝)涌井1勝
(敗)呉昇桓1敗

【本塁打】
(日)内川1号ソロ(2回、張ウォン三)
(韓)李机浩2号ソロ(7回、田中)

■日本代表先発メンバー
 1番・イチロー(右)
 2番・中島裕之(遊)
 3番・青木宣親(中)
 4番・城島健司(指)
 5番・内川聖一(左)
 6番・村田修一(一)
 7番・岩村明憲(ニ)
 8番・阿部慎之助(捕)
 9番・片岡易之(三)
 投手・内海哲也


 今日の試合はTBS系で中継があったのでCBCでテレビ観戦した。朝買い物から帰ってきてテレビを見ると2対1で日本が1点リードしていた。先発の内海は調子がイマイチで3回途中で降板となった。しかし7回にマーくんが一発を打たれて同点にされて嫌な感じがした。

 しかしすぐの8回に先頭の青木が技ありのバントヒット。稲葉がヒットでつなぎ小笠原のタイムリーと相手センターのエラーで2点を奪い勝ち越した。亀井がバントで送って岩村のタイムリーで3点差として突き放した。9回にはこの試合ここまでノーヒットのイチローが二塁打。青木のセンター前タイムリーで4点差とするダメ押しこれで勝利を確信。

 韓国に3連敗するわけにはいかなかったので、この勝利は大きい日本に勢いがついたので準決勝でアメリカに勝ち決勝で韓国かベネズエラの勝者に勝ってWBC連覇を果たして欲しいものだ。ガンバレ侍ジャパン!!


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
こんばんわ〜
青木いいね♪ 絶好調♪
内川の本塁打でスグに追いついて流れが変わったね。
コースケは外して正解だね。
って言われてるのがwww↓↓↓悔しい(><)寂しい・・・

村田はどーなんだろうね
栗原が渡米するって事は参加は絶望的なのかな?
一応呼んだだけって事はないよね?やっぱり・・・
Posted by xyz at 2009年03月20日 23:21
こんばんは。
沢村賞の選考基準、ありがとうございます^^。奪三振150以上なんですね!大変だ。確か、昌さんと憲伸は獲得していましたよね?今中さんはどうだったのかな。。

WBCは、いよいよ米国との対戦ですね。勿論勝って、決勝ラウンドは是非韓国と!!っていうか、そのようなシナリオが・・用意されているような^^。ドジャースタジアムなら、昌さん・・投げたかっただろうなぁ。。でもいつか投げれるかも?しれませんね。。人生何があるか分かりませんから^^。
Posted by you at 2009年03月20日 23:25
>xyzさん
こんばんは
3番青木の活躍が大きいですね。
孝介は準決勝でスタメン復帰して打って欲しいです。
村田は無理と判断して栗原を呼んだんでしょうね。

>youさん
こんばんは
沢村賞は中日では、杉下茂、権藤博、小川健太郎、星野仙一、小松辰雄、今中慎二、山本昌広、川上憲伸が受賞しています。

WBCは米国に勝って決勝では韓国と5度目の対決となるんでしょうか。
昌は日本代表で投げたい気持ちがあるので実現させてあげたいですね。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年03月20日 23:56
準決勝進出、おめでとうございます。
日本らしい試合で勝ちましたね。
村田の故障はWBC日本にとっても痛いですけど、横浜監督もがっかりでしょうね。あの様子では、とうぶん出られないでしょうから・・・。
Posted by 63年 at 2009年03月21日 00:26
>63年さん
韓国に勝って1位通過は今後に良い結果となる気がします
村田の故障は残念ですがチームが結束してぜひ優勝してもらいたいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年03月21日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック