最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > 荒木が館山から値千金の勝ち越し打!中日逆王手
2009年10月18日

荒木が館山から値千金の勝ち越し打!中日逆王手

7回裏2死三塁、荒木が勝ち越しの中前適時打を放つ=ナゴヤドーム  2009年10月18日(日)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ、プロ野球セ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)第1ステージ第2戦が行われました。中日の先発は吉見一起、ヤクルトの先発は館山昌平で18時00分試合開始。

 ○中日3x―2ヤクルト● 1回裏、和田の遊ゴロ併殺崩れの間に1点を先制した。2回表、吉見は川本の2ランで逆転された。2回裏、谷繁のソロで同点とした。7回裏、2死三塁から荒木が中前に勝ち越し適時打を放ち1点リード。9回表、浅尾がデントナを三振の後、岩瀬が登板してガイエルに四球、代打畠山を二ゴロ併殺打で試合終了。試合は3対2で勝ち1勝1敗のタイに持ち込み中日が逆王手をかけた。

 ※画像=7回裏2死三塁、荒木が勝ち越しの中前適時打を放つ=ナゴヤドーム

 ●浅尾を打者一人で代え最後を岩瀬に託した理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ



【中日ドラゴンズ試合結果・関連速報記事】
【評】中日七回に勝ち越す 中3−ヤ2評(共同通信)
 中日は2−2の七回2死三塁、荒木が館山から中前打を放ち、勝ち越した。先発の吉見は二回に本塁打を許し2点を失ったが、そのほかは走者を背負いながらも丁寧に低めに集め、8回7安打2失点で勝利を引き寄せた。九回1死からは岩瀬が締めくくった。

 ヤクルトは館山が粘りの投球を披露したが、三回以降は打線の援護もなく、力尽きた。

中日が競り勝つ=プロ野球CS・中日−ヤクルト(時事通信)
 中日がしぶとく競り勝った。2−2で迎えた七回、安打の谷繁を吉見が送り、2死三塁から荒木の中前打で勝ち越した。先発の吉見は丁寧に球を低めに集め、 8回を投げて7安打2失点。九回は浅尾と岩瀬で締めた。ヤクルトは館山が七回途中まで3失点と踏ん張ったが、打線は好機であと一本が出ず、二回に川本が2 ランを放った以外は得点できなかった。

中日、接戦を制してタイに戻す 荒木が決勝打=セ・リーグCS(スポーツナビ)
 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージ第2戦、中日vs.東京ヤクルトが18日、ナゴヤドームで行われ、中日が3対2で勝利し、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。両チームは明日19日、第2ステージ進出を懸け第3戦を戦う。中日は第3戦に勝つか引き分けで、東京ヤクルトは勝った場合のみ第1ステージ突破となる。

 中日は2対2の同点で迎えた7回、谷繁のヒットを足がかりに2死三塁のチャンスをつくると、2番・荒木がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。この1点を先発の吉見から浅尾、岩瀬とつないで守り切った。

 守りでは吉見が毎回のように走者を背負いながらも、要所を締め8回2失点と粘りの投球。ショートの井端も再三に渡る好守を見せ、奮闘するエースを盛り立てた。

 一方、東京ヤクルトは先発の館山が7回途中3失点と試合をつくるも、初回にミスから失点。打線も3併殺を喫するなど攻守ともにリズムに乗り切れなかった。

セCS 中日がヤクルト破り対戦成績五分に 第1S第2戦(毎日新聞)
 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージは18日、ナゴヤドームで第2戦があり、中日(レギュラーシーズン2位)がCS初出場のヤクルト(3位)を3−2で破り、対戦成績を1勝1敗の五分とした。19日の第3戦で中日は勝つか、引き分ければ第2ステージ進出が決まる。第3戦の先発投手は中日が小笠原、ヤクルトが由規の予想。

【中日】谷繁ソロで同点に追いつく/CS(日刊スポーツ)
 中日谷繁元信捕手(38)が同点ソロを放った。1−2で迎えた2回、1死走者なしの場面で、ヤクルト館山のスライダーを左翼席に運んだ。「逆転されたすぐ後だったので、追いつけて良かったです」とコメントした。

中日・谷繁“汚名返上”の一発!(サンスポ)
 ベテランは打席で集中力を高めていった。二回一死。谷繁が館山の甘く入ったスライダーをとらえ、ヤクルトファンが陣取る左翼席へ同点ソロ。一度は逆転を許した試合を振り出しに戻した。

中日・岩瀬が約1カ月ぶりに登板 無難にセーブ(共同通信)
 9月19日以降は登板がなかった中日の岩瀬が九回1死から登板し、無難にセーブを挙げた。

 レギュラーシーズン終盤は疲労が出てベンチを外れたが、約1カ月間の調整を経て戦列に戻った。ガイエルを四球で出した後、代打畠山を外角変化球で二ゴロ併殺打に仕留めた左腕は「どんな形であれ、勝ててよかった」とチームの勝利を喜んだ。

中日・荒木、勝負どころで館山に借り返す(サンスポ)
 ヤクルト館山からの今季初安打は、これ以上ない場面で出た。2−2の七回2死三塁。「何も考えずにいった」という中日の荒木が、貴重な勝ち越し適時打で天敵に借りを返した。

 連勝で第2ステージ進出を決めたいヤクルトと、後がない中日。セ・リーグの最多勝を分け合った館山、吉見の両右腕の投げ合いで、試合は息詰まる展開となった。互いに何度も好機をつかみながらあと1本が出ない。その中で迎えた勝負どころの七回だった。

 中日は今季のレギュラーシーズンで館山に3勝を献上しており、特に荒木は19打数無安打と大の苦手だった。好調の藤井のバットを借りて臨んだ打席で、1ボールから「頭にあった」という外角球に反応、芯でとらえた打球は中前へ抜けた。

 前夜はチェンの好投に応えられなかった打線が、終盤にようやく意地を見せた。荒木は「これだけお客さんに入ってもらって、変な試合はできないと思っていた。(第3戦は)きょう以上に集中して試合に臨みたい」と必勝を誓った。

中日は勢い持ち込めるか セ第3戦見どころ(共同通信)
 中日が第2戦に勝った勢いを持ち込めるか。先発は今季ヤクルト戦2勝1敗の中田が予想される。井端、荒木に当たりが出たのは心強い。精彩を欠くブランコら中軸の奮起で早い回に援護したい。ヤクルトは先発濃厚の19歳、由規の出来が鍵になる。今季中日戦3試合に先発し、防御率1・23は好材料。インフルエンザ感染による欠場者が増えると苦しい。

ヤクルト3選手がインフル 隔離し、全選手にマスク配布(共同通信)
 ヤクルトは18日、ユウキ(30)、高木啓充(26)両投手と野口祥順内野手(28)の3選手がA型インフルエンザに感染したと発表した。名古屋市内の病院で検査を受け、陽性と分かった。

 ヤクルトは中日とクライマックスシリーズ(CS)の第1ステージを戦っており、ユウキと高木は先発要員として控え、野口は17日の第1戦に代打で出場していた。球団は3選手を隔離し、全選手にマスクを配布した。高田監督は「一時は野球界でも落ち着いていたが、まさかこんなふうに出るとは思わなかった。この後(さらに)出てきたらお手上げ。先のことより明日が心配」と話した。

プロ野球19日の予定(共同通信)
 ◇クライマックスシリーズ・セ第1ステージ第3戦
 中日−ヤクルト(18時・ナゴヤドーム)

【ドラゴンズ選手、落合監督のコメント】
 ◇谷繁元信捕手(2回裏同点ソロ)
「逆転されたすぐ後だったので、追いつけて良かったです」

 ◇荒木雅博内野手(7回勝ち越しタイムリー)
「何も考えずにいった。これだけお客さんに入ってもらって、変な試合はできないと思っていた。(第3戦は)きょう以上に集中して試合に臨みたい」

 ◇岩瀬仁紀投手(約1カ月ぶりの登板でセーブ)
「どんな形であれ、勝ててよかった」

 ◇落合博満監督
「(最多勝の投げ合いは)関係ない。きょう負けたら終わりで、勝つか負けるかだけの話。(第3戦に向け)そういうのは聞くだけやぼというもの」

■試合スコア
 ◇セ・クライマックス第1S

 中日−ヤクルト第2戦(中日1勝1敗、ナゴヤドーム、18:00、38171人)

ヤクルト 020 000 000―2
中  日 110 000 10×―3

【投手】
(ヤ)館山、李恵践、押本−川本
(中)吉見、浅尾、岩瀬−谷繁

【責任投手】
(勝)吉見1試合1勝
(S)岩瀬1試合1S
(敗)館山1試合1敗

【本塁打】
(ヤ)川本1号2ラン(2回、吉見)
(中)谷繁1号ソロ(2回、館山)

■ヤクルト先発メンバー
 1番・福地(左)
 2番・田中(二)
 3番・宮本(三)
 4番・青木(中)
 5番・デントナ(一)
 6番・ガイエル(右)
 7番・鬼崎(遊)
 8番・川本(捕)
 9番・館山(投)

■中日先発メンバー
 1番・井端(遊)
 2番・荒木(二)
 3番・森野(三)
 4番・ブランコ(一)
 5番・和田(左)
 6番・井上(右)
 7番・藤井(中)
 8番・谷繁(捕)
 9番・吉見(投)


 吉見が川本に2ランを打たれて逆転されたときは、昨日チェンがデントナに打たれたシーンを頭をよぎり嫌な感じになったが、すぐその裏に谷繁が同点ソロを打って流れが変わったように思った。7回に荒木が全く打てなかった天敵の館山から勝ち越しタイムリーを打ったことは、荒木にもチームにも良かっただろう。

 9回は浅尾が登板して最後まで投げさせるのかと思ったら、岩瀬が登板して約1ヶ月実戦登板から遠ざかっていたので心配だったが、最後ダブルプレーで締められたので岩瀬は今後自信を持ってマウンドに上がることが出来るので大きい。明日はすっきり勝って第2ステージ進出を決めて欲しいものだ。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
いやはや、心臓に悪い試合でしたね、昨日も今日も。
なんといってもレギュラーシーズンで負け越しているん苦手な相手です。
得点圏に何度も何度も送りながらあと一押しが無い展開に、一度は覚悟しましたが、最後の荒木の「何も考えない」打撃で辛勝。
(荒木って普段から考えずに本能だけで打ってるように見えますけど(笑))
吉見は打たれながら粘るのが特長で、この試合でもそれが出ましたね。
あとはブランコと森野です。なんとか甦ってほしいです。
Posted by 64年 at 2009年10月19日 00:13
何とか勝ちましたね、昨日負けたときはどうなるかと思っていましたが苦手の館山に勝ててよかったです。

泣いても笑っても明日で決着がつきますね、明日はヤクルト戦相性がいい中田が先発みたいなので何とか勝って欲しいです。
Posted by たく at 2009年10月19日 01:15
おはようございます♪
何とか勝てた。。。
今日で決まっちゃいますね。絶対に勝ってもらわないとね(^^)
岩瀬も心配だけどさ〜
森野&ブランコの方が心配かな?
今日の先発ダレだろうね
Posted by xyz at 2009年10月19日 08:56
>64年さん
どっちに転ぶか分からない試合展開でしたが荒木がよく打ってくれました。
森野とブランコにあたりが出れば今日も勝てると思います。

>たくさん
1戦はまさかの敗戦でしたが、2戦目で井上は不発でしたが、館山に勝てたことで3戦目は気持ち的にも優位に立てるので勝機はあると思います。

>xyzさん
おはようございます。
岩瀬はゲッツーで救われましたが、まだ不安な感じがしました。
森野とブランコが今日の試合で打って勝てば東京ドームでも期待できるでしょうね。
今日の先発は小笠原か中田じゃないかと思います。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年10月19日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック