最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > 吉見一起ニンニク注射は正当な医療行為 中日巨人に3連敗で終戦
2009年10月24日

吉見一起ニンニク注射は正当な医療行為 中日巨人に3連敗で終戦

9回表、代打で登場して左飛に倒れ、ベンチの前で一礼する立浪和義=東京ドーム  2009年10月24日(土)の中日ドラゴンズニュースとして、東京ドームで読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ、プロ野球セ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)第2ステージ第4戦が行われました。中日の先発は中4日の中田賢一、巨人の先発は東野峻で18時00分試合開始。

 ○巨人8x―2中日● 1回裏、中田の悪送球と亀井の中前適時打で2点を先制された。3回裏、ラミレスの左前適時打、谷の左越えへの満塁本塁打で5点を失い中田は7失点でノックアウト。4回表、ブランコのソロ、5回荒木の適時打で2点を返した。中日打線は巨人の継投に反撃ならず。試合は8対2で中日が敗れ1勝4敗で巨人に2年連続32度目の日本シリーズ進出を許した。

 ※画像=9回表、代打で登場して左飛に倒れ、ベンチの前で一礼する立浪和義=東京ドーム

 ●落合監督がCS試合後のインタビューで不機嫌だった理由とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ



【中日ドラゴンズ試合結果・関連速報記事】
プロ野球の公示(24日)(共同通信)
 セ・リーグ
 【出場選手登録】
 ▽巨人 東野峻投手
 ▽中日 伊藤準規投手
 【同抹消】
 ▽巨人 高橋尚成投手
 ▽中日 鈴木義広投手
 パ・リーグ
 【出場選手登録】
 ▽日本ハム 藤井秀悟投手、中田翔内野手
 【同抹消】
 ▽日本ハム 八木智哉投手

巨人・東野、中日・伊藤が1軍へ=24日のプロ野球公示(スポーツナビ)
 クライマックスシリーズ(CS)第2ステージを戦っている巨人・東野、中日・伊藤の両投手が出場選手登録された。東野は今季、今季、27試合に登板し8勝8敗、防御率3.17。中日戦は3勝2敗・防御率5.76の成績。高卒ルーキーの伊藤は、今季1試合の登板。9月30日の巨人戦で1回を無失点に抑えている。

中日の吉見に違反なし NPB正当医療行為と判断(共同通信)
 中日の吉見一起投手がアンチ・ドーピング規定に違反して正当な医療目的以外で静脈への点滴を受けた疑いを持たれている問題で、日本プロ野球組織(NPB)の増島篤医事委員長は24日、東京都内で会見し「医学的に正当な治療行為の範ちゅうにある」と違反はなかったとの判断を示した。

 医事委員会は吉見や球団関係者を事情聴取。中日から7月以降のカルテの提出などを受けて審議していた。増島委員長によると、カルテには医師による診断名の記載があり、疲労回復が目的ではなかったという。また「複数回行われていたが、日常的に行われていたわけではない」と説明した。

 世界反ドーピング機関(WADA)では点滴への厳しい制限を求めているが、増島委員長は「NPBの医事規定はWADAにのっとっている」とWADAの規定にも反していないとした。

中日・吉見の点滴は医療行為=NPB、違反問わず−プロ野球(時事通信)
 日本プロ野球組織(NPB)の医事委員会は24日、アンチ・ドーピング規定違反の疑いで調査していた中日の吉見一起投手(25)の点滴について、正当な医療行為だったとの見解を発表した。違反はなかったとして、調査裁定委員会でも審議しない。

 東京都内で記者会見した増島篤委員長は「医学的な診断に基づく、医師によってなされた治療だった」と語った。

 この問題は、吉見が今季の登板前後に「ニンニク注射」と呼ばれる点滴を受けていたとの一部報道で表面化。NPBが順守する世界反ドーピング機関の規定で、静脈内注入は緊急の医療行為などを除いて禁止されているため、医事委が本人、球団代表者から事情を聴くなどしていた。

 球団から7月半ば以降のカルテも提出されたが、増島委員長は「診断名が確実に記載されていた。(点滴は)日常的、日課的ではなかった」とし、疲労回復などが目的ではないと結論付けた。

<中日・吉見>「注射問題」規定違反には当たらず NPB(毎日新聞)
 日本プロ野球組織(NPB)の医事委員会から連絡を受けた中日の西脇紀人球団代表は24日、「医事委員会の判断は妥当だと考えている。球団としてはこれで終わりだと思っているが、今後医事委員会から指示や指導があれば、対応したい」と話した。

【評】巨人序盤に大量点 巨8−中2(共同通信)
 巨人が序盤の大量点で主導権を握った。一回に坂本の二塁打を足掛かりに失策も絡んで2点を先制。三回にはラミレスの左前打で1点を加え、さらに谷が満塁本塁打を放った。五回途中からの細かい継投も決まった。中日は中田が大誤算。制球が定まらず甘い球を狙われた。打線は五回に1点を奪った後の1死満塁で森野、ブランコが連続三振に倒れた。

巨人、序盤で大量点=プロ野球CS・巨人−中日(時事通信)
 巨人が序盤の大量点を生かした。一回に敵失と亀井の適時打で2点先取し、三回にはラミレスの適時打、谷の満塁本塁打で一挙5点。先発東野が五回につかまると、1死満塁で救援した越智が森野、ブランコを連続三振に仕留めた。七回以降は豊田、山口とつなぎ、九回はクルーンが締めた。中日は先発の中田が早々と崩れ、反撃も相手の継投にかわされた。

巨人、2年連続の日本Sへ! 谷が自身プロ初の満塁弾=セ・リーグCS(スポーツナビ)
 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2ステージ第4戦、巨人vs.中日が24日、東京ドームで行われ、巨人が8対2で勝利した。巨人はこの勝利で対戦成績を4勝1敗(アドバンテージの1勝を含む)とし、2年連続32回目の日本シリーズ出場を決めた。日本シリーズは31日に札幌ドームで開幕。パ・リーグのCSを勝ち上がった北海道日本ハムと日本一を争う。

 巨人は初回、先頭の坂本の二塁打を足がかりに、亀井のタイムリーなどで2点を先制。3回には、谷が自身プロ初の満塁アーチを放つなど5得点を挙げてリードを7点に広げ、序盤で試合を決めた。巨人は3回、亀井がセーフティーバントを決めるなど小技にも冴えを見せた。

 投げては先発の東野の後を継いだ2番手の越智が抜群の投球を見せた。5点差に迫られた5回1死満塁の場面でマウンドに上がると、中日の中軸・森野、ブランコを連続三振に切って取り、中日の反撃を許さず。その後も豊田、山口、クルーンの3投手がきっちりと仕事を果たし、危なげなく逃げ切った。

 一方、中日は初回、先発の中田が無死二塁から送りバントの処理で悪送球し先制を許すと、3回には谷に満塁弾を浴び3回途中7失点。試合をつくることができなかった。

 打線も4回にブランコのソロ、5回の荒木のタイムリーで2点を奪うのが精一杯。6回以降は、8回に山口にクリーンアップが3者三振を喫するなど、巨人の救援陣からチャンスをつくることができず。投打ともに精彩を欠き、完敗を喫した。

【中日】中田満塁被弾…7失点KO/CS(日刊スポーツ)
 中日中田賢一投手(27)が3回途中でKOされた。1回、自らの暴投などでいきなり2点を献上すると、3回には無死一、三塁から4番ラミレスに適時打を許し1失点。続く5番亀井のセーフティーバントで無死満塁とすると、6番谷に左中間席へ満塁本塁打を浴びた。中田は「何もありません…」とコメントした。

中日、3連敗で終戦…序盤に痛すぎる7失点(サンスポ)
 クライマックス・セ第2ステージの第4戦が24日、東京ドームで行われ、レギュラーシーズン2位の中日は2−8でリーグ優勝の巨人に敗れ、対戦成績1勝4敗(巨人に1勝のアドバンテージ)で日本シリーズ進出を逃した。

 絶望と後悔。いろんな思いが頭をよぎる。マウンドの中田が、うつろな視線で谷の打球を追った。G党が占拠した左中間席への満塁弾。中田も選手会長の荒木も、森野も、着弾点を眺めたまま立ちつくした。三回に大量5失点で0−7。63球でKOされた中田は青い顔で「何もありません」と下を向いた。

 入団以来、ポストシーズンで先発すると5戦4勝。短期決戦で抜群の強さを誇る右腕に“異変”が起きた。一回先頭の坂本に左翼線二塁打を許し、松本が一塁線へバントした場面だ。自分で処理したが、一塁へのトスが指に引っかかりすぎて悪送球となり先制点を許し、亀井の中前タイムリーでさらに1点を失った。

 三回にはラミレスにタイムリー、無死一、二塁からは亀井に一塁線へセーフティーバントを決められるなど攻められっぱなし。そして谷には、1ボールからカーブがど真ん中へ浮いて被弾。1敗もできない背水の陣をブチ壊しにする乱調だ。

中日期待の18歳が登板 伊藤、大舞台で落ち着いた投球(共同通信)
 中日のプロ1年目、期待の伊藤が八回に登板。落ち着いた投球でラミレスを空振り三振に仕留めるなど、大舞台で1回を1安打0点に抑えた。

 9月30日の巨人戦でデビューしたばかりの18歳は「いい経験になりました。来年は開幕1軍が目標」と意気込んだ。

立浪、最後の打席は左飛 巨人ファンも労ねぎらう(共同通信)
 中日の立浪は九回の代打での出場が現役最後の打席となった。「代打・立浪」がコールされると球場全体から大歓声がわき上がり、左飛に倒れると多くの巨人ファンも立ち上がってベテランの労をねぎらった。

 ヘルメットを掲げて声援に応えた立浪は「チームメートに感謝し、巨人ファンにもありがとうと言いたい。ことしの巨人は強かった。日本シリーズも頑張ってほしい」とライバルチームをたたえた。

巨人と日ハム、シリーズへ CS第2ステージ制す(共同通信)
 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)第2ステージは24日、東京ドームなどで第4戦を行い、セ・リーグは巨人が中日を8−2で下し、札幌ドームでのパ・リーグは日本ハムが楽天を9−4で退け、ともにリーグ優勝のアドバンテージ1勝を含め4勝1敗として日本シリーズ進出を決めた。巨人は2年連続、日本ハムは2年ぶりの出場。

 巨人は一回に2点を先制し、三回には谷の満塁本塁打などで5点を奪い大勝した。最優秀選手(MVP)には23日の第3戦で決勝打を放った巨人の脇谷が選ばれた。

 日本ハムはMVPに選ばれたスレッジが3ランを含む3安打5打点の活躍で、今季限りで退任する野村監督率いる楽天を振り切った。

 日本シリーズは31日に札幌ドームで開幕。巨人は7年ぶり、日本ハムは3年ぶりの日本一を目指す。

【ドラゴンズ選手、落合監督のコメント】
 ◇中田賢一投手(3回途中7失点KO)
「何もありません…」

 ◇立浪和義内野手(9回代打登場現役最後の打席)
「チームメートに感謝し、巨人ファンにもありがとうと言いたい。ことしの巨人は強かった。日本シリーズも頑張ってほしい」

 ◇井上一樹外野手(現役に終止符)
「できれば日本シリーズまで行きたかった」

 ◇和田一浩外野手
「自分たちに足りないものがあったのかもしれない。そのあたりをこれからゆっくり考えたい」

 ◇井端弘和内野手
「個人個人がいま以上に成長するしかないと思う」

 ◇荒木雅博内野手
「一生懸命やった。この後は練習」

 ◇伊藤準規投手(8回1イニングを1安打無失点)
「いい経験になりました。来年は開幕1軍が目標」

 ◇落合博満監督
「今年1年間は思いがけない風が吹きっぱなしだった。(どういう風かと聞かれて)ぼやかして言っているんだから、自分たちで考えて。負けたけど、伸びしろはある。来年逆転する可能性はある。」

■試合スコア
 ◇セ・クライマックスシリーズ第2ステージ

 巨人−中日 第4戦(中日1勝4敗、東京ドーム、18:00、46535人)

中 日 000 110 000―2
巨 人 205 001 00×―8

【投手】
(中)中田、パヤノ、小林正、河原、ネルソン、伊藤−谷繁
(巨)東野、越智、豊田、山口、クルーン−阿部

【責任投手】
(勝)越智3試合1勝
(敗)中田1試合1敗

【本塁打】
(中)ブランコ2号ソロ(4回、東野)
(巨)谷1号満塁(3回、中田)

■中日先発メンバー
 1番・井端(遊)
 2番・荒木(二)
 3番・森野(三)
 4番・ブランコ(一)
 5番・和田(左)
 6番・野本(右)
 7番・藤井(中)
 8番・谷繁(捕)
 9番・中田(投)

■巨人先発メンバー
 1番・坂本(遊)
 2番・松本(中)
 3番・小笠原(三)
 4番・ラミレス(左)
 5番・亀井(一)
 6番・谷(右)
 7番・阿部(捕)
 8番・古城(二)
 9番・東野(投)


 3回裏に中田が谷に満塁ホームランを浴びて目の前が真っ暗になった。9回表に代打立浪がコールされるとドラファンだけでなくジャイアンツファンからも拍手。レフトフライに倒れた後も東京ドーム内は温かい拍手に包まれた。巨人が大量リードしている余裕もあったと思うが立浪の現役最後の打席はジーンとなった。2アウトとなり谷繁の打球はヒットかと思ったがサード寺内のグラブに収まるサードライナーでゲームセット。中日の2009年の戦いと立浪と井上の現役が終わった。こんな試合ではあったが、8回表に登板した伊藤準規の投球に未来に光る物を見たような気がした。

 中日ドラゴンズ、ドラファンの皆さん今シーズンお疲れ様でした。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
 今日の敗戦は仕方ないでしょう。
 さらには今年の巨人は例年にない強さにして、日本シリーズを逃すのも仕方ないでしょう。
 ・・・ただし、不愉快なのは、CS第1ステージ第1戦のように6番谷繁、8番蔵本のように、ベテラン頼みの采配がでたことです。CS第1ステージを2連勝でき、ローテーションにゆとりがあったら、もう少し巨人といい勝負にはなっていたでしょう。
・・・さらにいえば、シーズン途中も背番号7を使い続けるという不可解な采配が続き、選手がしらける采配が続かなければ、もう少し巨人といい勝負ができたでしょう。
 ・・・2008年以降に垣間見える、落合の不可解采配が続く限り、巨人との差がつまるどころか開く感じがします。不可解采配を止めるのは、もう落合退陣しかない感じがしますね。
Posted by knoll at 2009年10月24日 23:55
素人の勝手な分析ですけど、敗因を列挙しますと、
(1)力の差
(2)不思議な投手起用(先発も中継も不思議でした。私にとって不思議でないのは小笠原だけ)
(3)野本と平田を相手投手の右左で変えすぎたのでは?
 まあ、(1)が一番大きいですが、これは仕方ないことです。しかし(2)は納得できませんでした。
来年は投手起用で責任を持つコーチを別の人にしてほしいです。
Posted by 64年 at 2009年10月24日 23:59
昨日は一面の曇り空で、流れ星にお願いすることはできませんでした(;´Д`)
初戦は勝つんだけどね…初戦はw
昨日の段階でかなりデジャブを感じてました><。

楽天も負けちゃったので、もう今年の楽しみはドラフトくらいでしょか☆
吉見君は違反じゃなくて、悪経歴にならなくてよかったです;;

立浪サンへの拍手には感動、敗北には動揺(笑)
ちゃんちゃん♪
Posted by ぼす at 2009年10月25日 00:47
まさかオビスポ、高橋尚、東野で三連敗するとは、思いませんでした。
初戦のゴンザレスで取っただけに残念です。
今年『巨人に3連敗』を何度見たことか。
計5回はプロのチームとして、とても恥ずかしいことじゃないでしょうか。
来年はこの屈辱をばねに巨人の4連覇を阻止してくれることを願っています。
Posted by 手毬 at 2009年10月25日 00:58
とうとうシーズンが終わちゃいましたね
投手陣は川上が抜けたのが嘘のように若手がよく頑張ってくれたと思いますが巨人キラーといえる先発投手がいませんでしたね
そういう点では川上が抜けたのはかなりの痛手でしたね
吉見の件は何もなくてよかったです。球団も2度とこんなことがないように気おつけてほしいです。
後はドラフトでどういう選手を獲るのかストーブリーグでFA選手に手を出すのかが気になりますね
Posted by たく at 2009年10月25日 01:08
エースと4番がいなくなったなかで
ここまでよくやってくれたと思います
さすがだと思います

それでも
もともと戦力が飛びぬけてる中で
選手の給料やネームバリューにこだわらない
当たり前の分かりやすい采配をするようになり
さらに中日を目の敵にすることでまとまった
巨人は素直に強かったと思います

落合監督も選手と同じように悔しい思いをしていると思います

今期は優勝争いをする中で多くの若い選手も経験をつむことができたのではないかと思うので
この悔しさをばねに優勝目指して頑張るドラゴンズを応援します

余計なお世話かもしれませんが
落合監督も野村監督のように
ほんねとマスコミ用をうまく使い分け
さらに戦術の一つとしてマスコミも利用する
コメントの仕方の良い部分を考えてもらえば誤解も減るのではないかと
好き勝手に思います

WBCや吉見のような不可解な風は減るような気がします
マスコミも新聞等が売れることだけを考えるのではなく
優勝するために命をかけて頑張っている選手のことをもうちょっと考えてほしいです
Posted by ヤジウマ at 2009年10月25日 07:39
>knollさん
巨人との力の差を縮めて来シーズンの巻き返しに期待したいです。

>64年さん
先発投手が中4日では無理がありましたね。
左右投手どちらが来ても野本か平田は調子の良い方を固定して欲しかったです。
投手コーチは来年も森でしょうね。

>ぼすさん
敗因はお願いできなかったからかも(笑)
楽天と同じ日に敗れ去るのもよけいに寂しく悔しいですね。

>手毬さん
初戦の勝利をつなげられなかったのは、2戦目以降先発を中4日でやりくりするしかなかった2位チームの不利さでしょうね。
シーズン中も含めこれだけ巨人に連敗したのは近年なかったのでとても悔しいです。

>たくさん
結果的にエース川上が抜けたことがここ一番で勝てなかった要因だと思います。
来季は吉見や中田がさらに成長してくれることを期待したいです。

>ヤジウマさん
開幕前はBクラスの予想が多いなかで、この成績はよくやったと言いたいですが、巨人との力の差を改めて感じました。
来年は巨人と優勝争いが出来るように戦力を立て直してもらいたいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年10月25日 09:35
こんばんわ、残念な結果になってしまいましたね。

でも、伊藤君は緊張する中でよく投げ切ってくれました。(坂本と小笠原にはいい当たりされて少しヒヤっとしましたが、フェンス手前で急に打球が失速したのには驚きました)

さて、吉見の件ですが何もなくて本当によかったです。
今回の件でドーピングについて調べてたのですが
2年ほど前にサッカーの我那覇選手が吉見と同様の理由のまったく同じ違反疑惑をもたれたそうです。
同選手もまた正当な医療行為という事と判断されたようです。

野球界の違反者では去年に巨人のゴンザレス内野手と一昨年のソフトバンクのガトームソン投手がいます。
特にガトームソン投手に至っては「育毛剤」でドーピング違反となってしまったそうです。

・・・僕もドーピング違反者のようです(笑)
Posted by micky at 2009年10月25日 19:44
>mickyさん
こんばんは
もしCS5戦目があれば伊藤が先発していたかもしれません。
ドーピングは風邪薬でも違反になるかもしれないので選手も関係者も注意しないといけませんね。
育毛剤は私も以前使用してました(爆)
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年10月25日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック