最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > 李炳圭(イ・ビョンギュ)中日解雇が決定的
2009年10月25日

李炳圭(イ・ビョンギュ)中日解雇が決定的

 2009年10月25日(日)の中日ドラゴンズニュースとして、メジャー表明をしても中日がドラフトで強行指名する予定だった高校球界ナンバーワン左腕、岩手・花巻東の菊池雄星投手が25日、日本の球団入りの希望を表明しました。

 朝刊記事よりトニ・ブランコ内野手、チェン・ウェイン投手の残留が濃厚。李炳圭(イ・ビョンギュ)外野手が今季限りで解雇が決定的になったと報じている記事を紹介します。

 ※画像=なし

 ●谷繁が横浜移籍の噂とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ



【中日ドラゴンズ・プロ野球関連速報記事】
菊池、国内球団入りを希望 ドラフトで競合必至(共同通信)
 米大リーグ挑戦か、日本のプロ球団入りかで卒業後の進路が注目されていた高校球界ナンバーワン左腕、岩手・花巻東の菊池雄星投手(18)は25日、花巻市内の同校で記者会見し、日本の球団入りの希望を表明した。

 菊池は「まだまだ自分のレベルでは世界で通用しないと思った。日本一の投手になってから挑戦したい」と話した。会見の最後には感極まったのか、涙をこぼした。

 29日のプロ野球ドラフト会議で指名された場合は「どの球団でもベストを尽くしたい」と、いずれのチームでも入団する姿勢を示した。既に多くの球団が菊池を1位指名する方針を明らかにしており、競合する球団は1989年の野茂英雄投手、90年の小池秀郎投手の史上最多8球団を超える可能性もある。

 今春の選抜高校大会で花巻東の準優勝に貢献した菊池は、4強入りした今夏の全国選手権大会で、左腕投手として甲子園大会最速とされる154キロをマーク。国内だけでなく複数の大リーグ球団も獲得に動いた。

 早くからメジャー挑戦も視野に入れていた菊池は、16日から20日にかけて日本の12球団、ドジャースなど大リーグ8球団と面談。育成方法などを聞いて進路選択の判断材料にしていた。

プロ側は歓迎する声多数 検証必要と高野連(共同通信)
 菊池が国内残留を表明したことを受け、日本のプロ野球界からは歓迎の声が多く上がった。その一方でドラフト制度の持つ問題点などを指摘する声も聞かれた。

 ドラフト会議で史上最多の8球団を超える1位指名が予想されている。1位指名を明言している岩手と同じ東北を本拠地とする楽天の米田純球団代表は「フランチャイズ・プレーヤーとして、仙台のマウンドで投げてほしい」と言う。

 阪神の沼沢正二球団本部長は「日本球界にとって良かったし、本人にとってもいい選択」と安堵(あんど)の表情を浮かべる。中日の中田宗男スカウト部長は「もし、メジャーと表明しても、指名する方針だった。競合は覚悟」と獲得への強い意志を示す。

 オリックスの岡田彰布新監督は「やっぱりすごかった、ということでメジャーに送り出す形になったらいい」と、日米争奪戦という見方とは違う視点で語る。

 菊池の指名は見送る方針を示している巨人の清武英利球団代表は「アマの選手は米国の球団を選べるが、日本の希望球団は言えない。これに大きな矛盾がある」。ドラフト制度そのものを見直す時期に来ているのでは、と提言する。

 日本高野連の小森年展事務局長は、進路表明の時期が遅いのではないかとの認識から「進路の決定がどうしてドラフト数日前の今の時期になったのか、確認したい」と言う。今後も菊池と同じようなケースが起きることが予想されるだけに、検証の必要性を訴えた。

【10月25日付朝刊記事ピックアップ】
ブランコ、チェン来季残留決定的 李炳圭は解雇へ(スポニチ大阪)
 リーグVと日本一の奪回を狙う来季も、中日のレギュラー陣は今季と変わらない。低年俸ながら本塁打、打点の2冠に輝いたブランコ、最優秀防御率のチェンには日米の複数の球団が興味を示しているが、1年契約での残留が濃厚。今季中に4度目のFA権を獲得した谷繁も残留が基本線だ。

 打率・218と来日3年目で最悪の成績に終わった李炳圭(イ・ビョンギュ)は今季限りでの解雇が決定的。パヤノ、ネルソンとは再契約するが、ドミニカ人助っ人のまとめ役的存在のデラロサは、コーチやアドバイザーとしてチームに残る方針となっている。

 コーチ陣は今季限りで引退する井上が2軍打撃コーチに就任。元西武、ロッテの垣内哲也氏(39)を打撃コーチとして招へいすることが内定している。


 この記事が本当だとすればチェンとブランコは1年契約で残留。パヤノとネルソンは再契約で残留。デラロサは選手としてではなくコーチかアドバイザーとして球団に残る。ビョンはついに解雇されるようだ。

 横浜の監督が大魔神こと佐々木主浩になると谷繁が横浜へ復帰するとの噂があったが尾花が横浜の新監督になれば谷繁は残留だろう。引退する井上一樹は育成コーチとして垣内哲也氏と2軍打撃コーチに就任。立浪は野球評論家になるようだ。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
こんばんは☆

菊池くんは日本希望でよかったです><b
ぜひとも中日には引いてもらいたいですねw

ビョン様の退団は成績からしても仕方ないことですね〜(;´Д`)
これを機に余所からまた補充せず、若手競争にしてほしいです;;
Posted by ぼす at 2009年10月25日 22:05
まあ、とにかくスポーツニッポンの記事は本当の記事であってほしいですね
ブランコとチェンに関しては外国人枠の関係でさすがに読売はないと思いますがメジャーや他球団が狙っていますからね、本当に残留してほしいものです。
イビョンギュに関しては仕方がないことですね、ビョンギュと仲が良かったパオロンにはかわいそうだと思いますが悪い成績だったので解雇は仕方がないと思います。

菊池は中日も1位位指名をするという話も聞いているのでここは注目ですね
左の先発で若い選手と言ったらチェンしかいませんからね、川井も来年で30ですし小笠原と山本昌はベテランですし菊池を獲るのもいいと思います。
Posted by たく at 2009年10月25日 22:36
>ぼすさん
こんばんは
菊池はてっきりメジャーへ行くと思ってましたが、両親や監督に説得されたのか日本に決めたと発表した後に涙を見せていました。9球団が指名するそうですが、中日がくじで引き当てて欲しいです。
ビョンはあの成績では当然でしょうね。

>たくさん
スポニチの記事はガセではないと思うのでこの通りになるじゃないでしょうか。
ビョンのようなことにならないためにも今後助っ人はいきなり3年契約などの複数年契約はしないでもらいたいです。
先発左腕は是が非でも欲しいので、菊池を引き当てて欲しいですね。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年10月25日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック