最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > 中日ドラフト1位指名菊池雄星、外れ1位候補選手
2009年10月27日

中日ドラフト1位指名菊池雄星、外れ1位候補選手

 2009年10月27日(火)の中日ドラゴンズニュースとして、10月29日に行われるドラフト会議で指名が予想される大学・社会人の有力選手を紹介します。中日は岩手・花巻東の菊池雄星投手を1位指名することを表明してますが、抽選で菊池を外した場合の外れ1位は誰になるのか予想しました。

 プロ野球関連記事として、米大リーグのマリナーズを退団した城島健司捕手が27日、福岡市内で阪神と2度目の入団交渉を行い、合意に達しました。

 ※画像=なし

 ●菊池が語らない希望している球団とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ



【中日ドラゴンズ・プロ野球関連速報記事】
菊池、1位競合最多に並ぶか=29日ドラフト会議−プロ野球(時事通信)
 プロ野球の新人選択(ドラフト)会議が29日に東京都内で行われる。高校と大学生・社会人を一括して選ぶ昨年と同じ方式で、1位は入札抽選。進路を国内に絞った超高校級左腕、菊池雄星投手(岩手・花巻東)を何球団が指名するかが最大の焦点となる。

 150キロを超える球威と制球力で米大リーグ球団も奪い合った菊池。地元東北の楽天や日本ハム、ロッテ、阪神、中日、ヤクルトが1位指名を表明した。西武、オリックスも「1位評価」と前向き。ソフトバンクは今宮健太内野手(大分・明豊高)の指名も検討。横浜は菊池を推す声もあったが、強打の筒香嘉智内野手(横浜高)を1位指名する方針を決めた。それでも、1989年ドラフトで当時社会人の野茂英雄投手を8球団で奪い合った過去最多の抽選に並ぶことは考えられる。

 巨人は2度の指名を拒否した「相思相愛」の長野久義外野手(ホンダ)、広島は今村猛投手(長崎・清峰高)の「一本釣り」を狙う。読みにくいのは菊池を外した場合の1位候補。同じ高校生左腕の岡田俊哉投手(智弁和歌山)、真下貴之投手(千葉・東海大望洋)らが1位で消える可能性がある。大学・社会人には即戦力評価の選手が少ないが、本格派右腕の二神一人投手(法大)、左腕の中沢雅人投手(トヨタ自動車)、藤原正典投手(立命大)、野手で荻野貴司(トヨタ自動車)らが1位候補。高専3年で指名対象となった強肩の鬼屋敷正人捕手(三重・近大高専)も注目株だ。

 2位以降の指名はウエーバー方式。今年はパ・リーグに優先権があり、2位はパ最下位のオリックス、セ最下位の横浜、パ5位のロッテ、セ5位の広島…の順で両リーグ交互に指名。3位は逆の順番、4位以降も交互に逆の順番で指名する。

全日本MVPの二神に注目 大学・社会人の有力選手(共同通信)
 29日のプロ野球ドラフト会議で最大の注目は菊池雄星投手(岩手・花巻東高)だが、大学と社会人の有力選手も個性派が並ぶ。

 大学生投手では今年の全日本大学選手権で最高殊勲選手に選ばれた二神一人(法大)の評価が高い。右の本格派で完投能力もある。右横手投げからの速球が切れる松下建太(早大)、今秋のリーグ戦4勝で評価を上げた戸村健次(立大)や、実戦派左腕の古川秀一(日本文理大)も上位候補。

 野手は多彩なメンバーがそろった。東都リーグで史上14人目の通算100安打を放った中田亮二(亜大)は171センチ、115キロの体格ながら機敏な動きと巧打が自慢。同じ亜大では大学日本代表で4番に座った中原恵司のパンチ力が光る。俊足好打の加藤政義(九州国際大)、攻守に安定感のある荒木貴裕(近大)も即戦力の力を秘める。

 社会人では、今年の都市対抗大会で首位打者に輝いた長野久義(ホンダ)の1位指名を巨人が早々に決めた。巨人入りを熱望し、2年続けてドラフト指名されながら入団を拒否した外野手がようやく念願をかなえる。長打力を誇る清田育宏(NTT東日本)も上位で指名を待つ。

 投手ではトヨタ自動車の二枚看板、右腕の大谷智久と左腕の中沢雅人が注目。フォークボールに定評のある諏訪部貴大(ホンダ)も潜在能力は高い。

城島は阪神入り、4年20億 5年ぶり日本球界復帰(共同通信)
 米大リーグのマリナーズを退団した城島健司捕手(33)が27日、福岡市内で阪神と2度目の入団交渉を行い、合意に達した。城島は記者会見で「阪神のために力を出し切りたい」と引き締まった表情で話した。契約内容は推定4年総額20億円プラス出来高払い。背番号は「2」となるもよう。

 城島はソフトバンクでプレーした2005年以来5年ぶりの日本球界復帰となる。ソフトバンクも獲得に乗り出していたが、阪神はこの日、星野仙一シニアディレクター(SD)も交渉に同席し、獲得にこぎ着けた。城島は「球団、現場、すべてが一体となった誠意が十分に伝わった。お世話になろうと決めた」と阪神入りの経緯を語った。

 城島は大分・別府大付高(現明豊高)からドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。06年にマリナーズに移籍し、大リーグ通算成績は462試合で打率2割6分8厘、48本塁打。今季は故障などの影響もあって出場71試合にとどまり、3年契約が2年残っていたが、出場機会を求めて20日に退団を表明していた。


 中日の1位指名は抽選覚悟で菊池雄星だろう。もし抽選で外れた場合の外れ1位は左投手か捕手もしくは地元の有力選手を指名するんじゃないかと思う。

 左投手であればトヨタ自動車・中沢雅人、捕手であれば三重・近大高専・鬼屋敷正人、そして中京大中京の堂林翔太投手兼外野手あたりだろうか。果たしてどんな選手を指名するのか29日のドラフト会議に注目したい。城島の阪神入団はセ・リーグが盛り上がるので歓迎したい。来年の阪神は手強くなりそうだ。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
おはようございます♪
もうドラフトか〜・・・ 菊池くんは激戦だもんね。
堂林クンもきて欲しいな。
今日から秋季キャンプなのにテンション上がらず。
城島が阪神入りしてきっと強くなるね。





Posted by xyz at 2009年10月28日 08:36
>xyzさん
おはようございます。
明日のドラフトが楽しみですね
秋季キャンプがスタートするので話題があるかなw
城島には打たれてたイメージがあるので阪神は侮れないでしょうね。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年10月28日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック