最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > 鈴木義広、阪神移籍の城島健司と決別宣言
2009年11月09日

鈴木義広、阪神移籍の城島健司と決別宣言

 2009年11月9日(月)の中日ドラゴンズニュースとして、本日の速報記事はありませんでした。ロッテの清水直行投手と横浜の那須野巧投手、斉藤俊雄捕手の1対2の交換トレードが成立し、9日に両球団が発表。日本ハムの藤井秀悟投手は9日、FA権の行使を宣言し球団に書類を提出。

 朝刊記事より鈴木義広投手が2006年のオフから3年連続で城島健司捕手が率いる長崎・佐世保自主トレに参加していましたが、城島の阪神に移籍が決まった為、決別することを決めました。

 ※画像=なし

 ●FA宣言した藤井秀悟を巨人が獲得に乗り出す可能性とは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ



【中日ドラゴンズ・プロ野球関連速報記事】
清水と那須野らでトレード ロッテ、横浜が発表(共同通信)
 ロッテの清水直行投手(33)と横浜の那須野巧投手(27)、斉藤俊雄捕手(25)の1対2の交換トレードが成立し、9日に両球団が発表した。

 先発陣の強化が課題だった横浜と手薄な左腕などを狙っていたロッテの思惑が一致した。清水は来季が2年契約の2年目で、複数年契約中の選手のトレードは極めて異例。清水の来季年俸2億8千万円を横浜が全額負担することで合意した。

 清水はプロ10年間で通算93勝85敗、防御率4・02。今季は6勝7敗と不振だった。5年目の那須野は自由枠で入団しながら伸び悩んで今季は12試合の登板にとどまり、通算13勝27敗1セーブ。5年目の斉藤は通算で45試合に出場している。(金額は推定)

日ハム藤井がFA宣言 移籍希望、球団慰留せず(共同通信)
 今季初めて国内フリーエージェント(FA)権を取得した日本ハムの藤井秀悟投手(32)は9日、FA権の行使を宣言し、球団に書類を提出した。

 この日、球団側と話し合った藤井は「新しい場所で頑張ることができたらな、と思う」と他球団への移籍を希望。球団側に慰留の意思はなく、退団は決定的。左腕は「向上心を持って成長したい」とも話した。

 ヤクルト時代の2001年に14勝で最多勝を獲得した藤井は、昨年日本ハムに移籍。今季は7勝5敗で、日本シリーズ第5戦では7回無失点と好投した。

横浜・尾花監督誕生へ 巨人承諾、正式要請へ(共同通信)
 横浜の若林貴世志オーナーが9日、東京・大手町の巨人球団事務所に滝鼻卓雄オーナーを訪ね、巨人の尾花高夫投手総合コーチを次期監督として迎えたい意向を伝えた。近日中に監督就任が発表される見込み。

 横浜側は、来季まで巨人との契約が残っている尾花コーチに対して、正式に監督就任の要請を行うことの承諾を、滝鼻オーナーから得た。

 若林オーナーは、尾花コーチを監督候補に選んだ理由として、投手陣の再建を挙げ「投げるところをゼロから鍛えないとまずいな、という結論に達した。投手も指導できる人はいないかと人選した結果」などと話した。

五十嵐が米大リーグ挑戦へ 「行きたい気持ちが強い」(共同通信)
 今季初めて海外移籍も可能なフリーエージェント(FA)権を取得したヤクルトの五十嵐亮太投手(30)は9日、東京都内の球団事務所で会見し「メジャーでどうしてもやりたい」と権利を行使して、米大リーグに挑戦する意向を表明した。

 この日、球団に書類を提出し、あいさつをした五十嵐は「あこがれもあるし、理屈ではなく行きたい気持ちがすごく強かった」と口にした。国内FAの資格を満たした昨年は、球団から3年契約を提示されたが、単年で更改した。ヤクルトはメジャー球団との契約がまとまらなければ、残留を認める方針。代理人はヤンキースの松井秀喜外野手らを担当するアーン・テレム氏が務める。

 五十嵐は千葉・敬愛学園高から1998年にドラフト2位でヤクルトに入団。2004年には日本人最速タイの158キロをマークしている。通算成績は47勝29敗54セーブ、防御率3・25。

【11月9日付朝刊記事ピックアップ】
中日鈴木ともに自主トレの城島と“決別”(日刊スポーツ)
 中日鈴木義広投手(26)が「城島キラー」に名乗りを上げた。06年のオフから3年連続で城島健司捕手(33)が率いる長崎・佐世保自主トレに参加していたが、同一リーグのライバル阪神に移籍が決まった今オフは“決別”することを決めた。

 城島との自主トレは一緒にトレーニングするだけでなく野球談議も貴重だった。特に打者としての考え方を聞いたことでピッチングに参考になることも多かったという。

 今季は昨年痛めた右ひじの影響もあって1軍登板は6試合にとどまった。ただ後半戦は肩の調子も上がったためCSでは登板することができた。ナゴヤ球場で行われている秋季練習でも連日、ブルペンで投球練習を行っている。首脳陣が鈴木に期待するのは右のセットアッパー。必然的にライバル阪神の主軸となる城島と対戦する確率は高くなる。

 ◇鈴木義広投手
「今年は佐世保には行きません。同一リーグですから。自分でやります。(城島には)打者としての考え方をよく聞かせてもらいました。例えばジョーさんは内角球にわざとつまる。そういう話を聞くと、投手として投げにくいなと思うんですよね。来年は当然、やらなければいけない。自信もあります。ジョーさんを抑えるのが僕の仕事になるでしょうから」


 同一リーグ他球団の投手と野手は一緒に自主トレをするのは問題があるのだろうか。山本昌と岩瀬が阪神の安藤と一緒に自主トレをしていていたように投手同士や野手同士が一緒に自主トレすることはよくあるが、投手と野手でも自主トレであれば同一リーグでも別に問題はないと思うのだが。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
FA市場は各球団いろいろ動きがあるようですが中日にとっては縁のない話でしょうね
ドミニカからの外国人の補強はあるでしょうがしかしまだに情報がありませんし当分の間は我ら中日ファンには暇な時期が続くでしょうね^_^;



Posted by たく at 2009年11月09日 23:44
おはようございます♪
私も一緒にやってもいいと思うよ。
昔とは考え方も違うしさ〜
ジョーが阪神か〜ぁ・・・
矢野ちゃんはどうなるの?
Posted by xyz at 2009年11月10日 06:39
>たくさん
落合監督がトレードは行わないと語っていたのでFAでの動きもないでしょうね。
森チーフコーチがドミニカから有望な若い選手を見つけてくるかも知れません。
第2のブランコはいるのでしょうか。

>xyzさん
おはようございます。
自主トレなので他球団の選手と一緒にするのは良いことだと思いますけどね。
おそらく矢野の出場機会は減るでしょう。他球団に移籍するか引退を考えるかも知れません。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年11月10日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック