最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > 岩瀬は現状維持 谷繁は変動制2年契約
2009年12月11日

岩瀬は現状維持 谷繁は変動制2年契約

4年契約の2年目4億3000万円で契約を更改した岩瀬仁紀=名古屋市中区・中日球団事務所  2009年12月11日(金)の中日ドラゴンズニュースとして、岩瀬仁紀投手が11日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、変動制の4年契約の2年目は現状維持の4億3千万円でサイン。谷繁元信捕手は、変動制の2年契約1500万円減の1億6千万円でサイン。山井大介投手は300万円減の年俸2100万円、久本祐一投手は600万円減の年俸1400万円でサインしました。

 中日は11日、ディオニス・セサル外野手、エドワード・バルデス投手、育成でカンディド・ヘスス投手とフォアキン・サンタマリア投手のドミニカ共和国出身の4選手を獲得したと発表しました。

 ※画像=4年契約の2年目4億3000万円で契約を更改した岩瀬仁紀=名古屋市中区・中日球団事務所

 ●エドワード・バルデスのプロフィール・画像 ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ



【中日ドラゴンズ・プロ野球関連速報記事】
岩瀬は4億3千万円 4季連続で投手最高年俸(共同通信)
 中日の岩瀬仁紀投手(35)が11日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の4億3千万円でサインした。

 来季は変動制の4年契約の2年目。現役投手では4季連続の最高年俸となった。

 今季は入団以来11年連続の50試合登板となる54試合に投げ、両リーグ最多の41セーブをマーク。「タイトルよりも、1年間しっかり投げることが大事。現状維持は納得で、来年もチームを引っ張っていきたい」と話した。(金額は推定)

中日・岩瀬は4億3000万円=現役投手最高額−プロ野球・契約更改(時事通信)
 中日の岩瀬仁紀投手(35)が11日、契約更改交渉を行い、現状維持の年俸4億3000万円でサインした。昨オフに4年契約を結んでおり、来季が2年目。現役の日本人投手では、現時点で4年続けて最高年俸となる。

 今季は5月に史上4人目の通算200セーブを達成。54試合に登板し、2年ぶりの40セーブ台となる41セーブで最多セーブのタイトルを獲得した。岩瀬は「タイトルを取ったことより、1年間しっかり投げることの方が大事」と語り、今季更新した5年連続30セーブと11年連続50試合登板のプロ野球記録についても「クリアしていきたい」とさらなる意欲を見せた。(金額は推定)。

谷繁は1億6千万円 変動制の2年契約(共同通信)
 中日の谷繁元信捕手(38)は11日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、変動制の2年契約でサインした。来季の年俸は1500万円減の1億6千万円。

 今季は115試合の出場にとどまり、打率2割8厘、9本塁打、33打点。「立浪さんがいなくなり不安はあるが、ことしよりいい成績を残して巨人の4連覇を阻止したい」と話した。

 山井は300万円減の年俸2100万円、久本は600万円減の年俸1400万円でサインした。(金額は推定)

<中日>岩瀬4億3000万円で更改 現役日本投手で最高(毎日新聞)
 中日の岩瀬仁紀投手(35)が11日、今季と同じ4億3000万円で契約を更改した。4年契約2年目で年俸は変動制。現時点で現役日本投手の最高年俸。

 岩瀬は54試合登板して2勝3敗41セーブ。5月に歴代4人目の通算200セーブを達成し、3年ぶりに最多セーブのタイトルを獲得した。5年連続30セーブと11年連続50試合登板のプロ記録も更新した。一方でシーズン終盤は起用を見送られる場面もあった。岩瀬は「後半いろいろあったが、1年間よく頑張ったと思う」と語った。

 4回目のフリーエージェント権を行使せず残留を表明した谷繁元信捕手(38)は新たに年俸変動制の2年契約を結んだ。来季は1500万円減の1億6000万円。7月以降9本塁打で活躍したが、シーズン前半に足の故障で欠場したのが響いた。来季はチーム最年長野手の谷繁は「今季一人前になった投手が超一人前になってほしいと思いつつ、声をかけたい」と話した。(金額は推定)

中日久本、交渉10分で30%ダウン了承(日刊スポーツ)
 中日久本祐一投手(30)が11日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、減額制限を超える30%ダウンの1400万円でサインした。左ひじの故障で2年間1軍登板がなく、交渉時間はわずか10分。「2年間働いていないわけですからしようがない」とサバサバしていた。(金額は推定)

◇岩瀬仁紀投手
「後半いろいろあったが、1年間よく頑張ったと思う。タイトルよりも、1年間しっかり投げることが大事。現状維持は納得で、来年もチームを引っ張っていきたい。」

◇谷繁元信捕手
「立浪さんがいなくなり不安はあるが、ことしよりいい成績を残して巨人の4連覇を阻止したい。今季一人前になった投手が超一人前になってほしいと思いつつ、声をかけたい」

◇久本祐一投手
「2年間働いていないわけですからしようがない」

中日が新外国人を獲得 ドミニカ共和国の4選手(共同通信)
 中日は11日、ディオニス・セサル外野手(33)=178センチ、86キロ、右投げ両打ち=ら、ドミニカ共和国出身の4選手を獲得したと発表した。いずれも米大リーグの経験はない。

 セサルはメキシコなどでプレーし、契約金5万ドル(約440万円)、年俸25万ドル(約2200万円)。エドワード・バルデス投手(29)=193センチ、95キロ、右投げ右打ち=は契約金5万ドル、年俸15万ドル。

 カンディド・ヘスス投手(24)=188センチ、82キロ、左投げ両打ち=とフォアキン・サンタマリア投手(20)=193センチ、91キロ、右投げ右打ち=は育成選手で、ともに年俸は4万ドル。

中日がセサルら新外国人4選手発表(日刊スポーツ)
 中日は11日、ドミニカ共和国生まれの2選手と契約したと発表した。ディオニス・セサル外野手(33=メキシカンリーグ)と、エドワード・バルデス投手(29=ドミニカ共和国)。さらに育成契約でカンディド・ヘスス投手(24=インディアンスRL)とフォアキン・サンタマリア投手(20=レイズRL)を獲得したことも発表した。

正津が中日スカウトに 今季限りで現役を引退(共同通信)
 中日は11日、中日と西武でプレーし、今季限りで現役を引退した正津英志氏(37)がスカウトに就任すると発表した。

中日・森野の背番号は30に変更(サンスポ)
 中日は11日、森野の背番号を「31」から「30」に変更すると発表した。球団は引退した立浪の「3」を打診していたが、森野が辞退した。

8試合増の104に 来季のウエスタン・リーグ(共同通信)
 プロ野球のウエスタン・リーグの試合数が来季から、1チーム8試合増の104試合となることが11日、分かった。10月の同リーグの幹事会で決定していた。

 イースタン・リーグは7球団で今季、1チーム108試合を戦ったが、5球団のウエスタンは96試合。試合数の差を解消することが目的で、プロ野球選手会からも若手選手の出場機会を確保するように求められていた。


 岩瀬は4年契約の2年目で現状維持だけどタイトル料はプラスされないのだろうか。谷繁はFA宣言をしないで残留したことで球団が複数年契約を結んでくれたのだろう。

 森野の背番号はやはり30番に決まった。どちらにしても森野ファンは30番の新しい応援ユニフォームを買わなければいけなくなった。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
ようやくストーブリーグは暇な状態だった中日に話題が出てきましたね
ディオニス・セサルは俊足巧打だという事がわかりましたが投手3人の情報がいまだにわかりませんね、ブランコとパヤノが入団した時には中日の公式ホームページには顔写真とその選手の特徴が書いてありましたが今回いまだにそれが書いてありませんね、今日の中日スポーツにも記事は書いてありませんでしたしいったいどんな選手(投手3人)なのか気になります。
ドミニカの選手はだいたい速球派の投手が多いのでバルデス、ヘスス、サンタマリアも速球派の投手じゃないかなと思いますが
Posted by たく at 2009年12月11日 21:42
こんばんは☆ヽ(´▽`)/

森野30番でしたね、見事な予想的中におおー☆座布団一枚w

外人補強無いと思ってましたが、
唐突に湧いて出てきましたねΣ(゚ ε ゚ ;)
頑張れ若手wゆっくり休んでいる場合じゃないよ^^;

岩瀬の現状維持はまぁ本人も納得みたいですし、
後半の不調とタイトルは相殺ってことで(笑)
ただでさえ高額年棒だし^^
Posted by ぼす at 2009年12月11日 22:32
>たくさん
ディオニス・セサルのことは書かれていましたが、エドワード・バルデス、カンディド・ヘスス、フォアキン・サンタマリアの3投手はどんな選手なのか紹介されてないですね。
タイプ的には140キロ代のストレートを投げる速球投手のような気がします。
たぶん明日の中スポで出るんじゃないかと思います。

>ぼすさん
こんばんは。
本来なら30番は新入団選手に付ける予定だったのかも知れません。
セサルの入団で若手外野手はうかうかしてられないですね。
高額年俸での複数年契約だと数字を残して当然なので選手はうかつに故障も出来ないので大変でしょうね。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年12月11日 23:57
 報道こそ少ないですが、補強は正解でしょう。
 昨年の巨人も、何と言ってもヤクルトからゴンザレスを補強したことが大きかった。
 獲得当初に騒がれなくても、獲得後の活躍で騒がれて欲しいものです。
 ブランコも、春季キャンプ中は、大沢親分に「ブランコはCランク。あれは心配だ」と言われていましたが、そのくらいの評価から、どこまでのし上がれるか、森コーチ、落合監督の指導も見物です。
Posted by knoll at 2009年12月12日 14:07
>knollさん
ゴンザレスがあれだけ活躍するとは思いませんでした。
セサルがブランコのように実戦で能力を発揮して戦力になってくれることを期待したいです。
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年12月12日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック