最新記事
DRAGONS VICTORYドラゴンズニュース2009 > シンポジウム「夢の向こうに」in和歌山に川井雄太と小山桂司が参加
2009年12月19日

シンポジウム「夢の向こうに」in和歌山に川井雄太と小山桂司が参加

 2009年12月19日(土)の中日ドラゴンズニュースとして、プロ野球現役選手によるシンポジウム「夢の向こうに」in和歌山が19日、和歌山市・和歌山県民文化会館で開催され中日ドラゴンズからは川井雄太投手、小山桂司捕手の2選手が参加しました。

 日本プロ野球組織(NPB)の加藤良三コミッショナーは19日、プロ選手が高校球児に技術指導などを行うシンポジウム「夢の向こうに」を、全都道府県での開催を終える2011年以降も継続していくことで日本高校野球連盟と合意していることを明らかにしました。

 ※画像=なし

 ●シンポジウム夢の向こうにとは ⇒Ranking
 ●野球ブログ 中日ドラゴンズ



【中日ドラゴンズ・プロ野球関連速報記事】
現役選手が高校球児相手にシンポ=プロ野球(時事通信)
 プロ野球現役選手によるシンポジウム「夢の向こうに」が19日、さいたま市文化センターで開かれた。ともに地元浦和学院高OBの木塚敦志投手(横浜)、石井義人内野手(西武)ら6選手が参加。埼玉県内の高校野球部員に対し、質問に答えながら実技面を教えた。

 投球フォームの体重移動などを指導した木塚は「こういう機会に恵まれて感謝している」。石井義も「打撃で一番大事なのはバランス」と熱心に説いた。高校生からは「分かりやすかった」「チームに戻って伝えたい」などの声が相次いだ。

 このイベントは2003年のオフに始まり、日本野球機構と日本高校野球連盟などの共催で定着している。

プロと野球高野連「夢の向こうに」継続へ(サンスポ)
 日本プロ野球組織(NPB)の加藤良三コミッショナーは19日、プロ選手が高校球児に技術指導などを行うシンポジウム「夢の向こうに」を、全都道府県での開催を終える2011年以降も継続していくことで日本高校野球連盟と合意していることを明らかにした。

 「夢の向こうに」は03年から始まり、この日はさいたま市内で143校を集めて開かれた。加藤コミッショナーは「継続していきたい、という意見の一致をみている。野球のすそ野を広げる建設的な行事」とし、日本高野連の奥島孝康会長も「高校生がプロから学ぶことは、何一つ問題はない」との考えを示した。

2009年 シンポジウム「夢の向こうに」(NPB公式)
トピックス|プロ野球現役選手によるシンポジウム「夢の向こうに」開催について(財団法人日本高等学校野球連盟)
プロ野球現役選手によるシンポジウム「夢の向こうに」(スカイ・A sports+)
 プロ野球現役選手によるシンポジウム「夢の向こうに」in和歌山12月19日(土)午後1時から和歌山市・和歌山県民文化会館。中日ドラゴンズからは川井雄太投手、小山桂司捕手がパネリストとして登場。


 プロ野球選手がパネリストとして参加するシンポジウムがあるなんて知らなかった。ちなみに今日行われた「夢の向こうに」in和歌山の様子はテレビ放送されるようです。スカパーの「スカイ・A sports+」で2010年1月27日(水)20時00分〜22時00分。川井&小山ファンは要チェックです。


 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
こんにちは。
昨日は大府で行われた野球教室を見てきました(^-^)
近隣で他にもドラ選手による野球教室&トークショーが行われてました。

「夢の向こう」は前回?か前々回?は岐阜でも開催されてました。
同じ岐阜でも高山からは遠いですもんね。
Posted by xyz at 2009年12月20日 10:59
>xyzさん
こんにちは
野球教室は今年あちこちで開かれていますが、ずいぶん増えましたね。
「夢の向こうに」は確か昨年岐阜でありましたね。
高山から岐阜へ行くのも名古屋へ行くのも同じ感覚です(^^;
Posted by 奥ヒダツヨシ at 2009年12月20日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック