最新記事
DRAGONS VICTORY中日ドラゴンズ2006 > “福留先制HR生かせず楽天にサヨナラ負け”’06年6月2日試合結果
2006年06月02日

“福留先制HR生かせず楽天にサヨナラ負け”’06年6月2日試合結果

延長10回裏、山崎武司のサヨナラ安打で敗れる=フルキャスト宮城 ○楽天3x−2中日●(中日延長10回サヨナラ負け・土谷鉄平、山崎武司に恩返しをされる)
 2006年6月2日(金)フルキャスト宮城で東北楽天ゴールデンイーグルス対中日ドラゴンズ、プロ野球交流戦4回戦が行われた。中日の先発は不惑のエース山本昌、楽天の先発は一場靖弘で18時00分試合開始。

 1回表、2アウトランナーなしで福留がライトスタンドへ13号ソロホームランで1点を先制した。2回裏、山本昌が鉄平に逆転2点二塁打を浴びて2対1と逆転された。4回表、ウッズの13号ソロホームランが飛び出して2対2の同点に追いつく。延長10回裏、2アウト2、3塁で楽天の5番指名打者山崎武司にレフト前にヒットを打たれサヨナラで敗れた。

 ※画像=延長10回裏、山崎武司のサヨナラ安打で敗れる=フルキャスト宮城(手前はサヨナラ負けでガッカリしながら引き上げる井端?)

■【中日】打撃不振の谷繁が特別練習(日刊スポーツ)
 打撃不振の中日谷繁が特別練習を行った。ここ10試合でわずか2安打。休養のためにスタメンから外れたこの日は試合前のフリー打撃後、さらに石嶺打撃コーチらと相談しながらティー打撃を行うなど復調に懸命だ。
 「調子は良くなっている。でも結果が出てないから…。徐々にね…」と厳しい表情だった。

■中日川上が7度目の月間MVP!(日刊スポーツ)
 中日の川上憲伸投手(30)が5月のセ・リーグ投手部門で月間MVPに選出された。同賞受賞は昨年7月以来、7度目。5月は5試合に登板し、2完封を含む3完投で3勝(1敗)、防御率1・43と安定した投球で5月を14勝12敗と勝ち越したチームの原動力となったことが評価された。

 次回登板に備え、仙台遠征中のチームを離れて名古屋で調整中の川上は「正直、ホントに想像していなかったのでうれしいです。(急逝した)上本さんが最後の球審を務められた時に、最高のピッチングができたということで、(5月)最初の横浜戦(完封勝ち)が一番印象に残っています」と話した。

■月間MVP:中日・川上がリーグ最多タイの7度目受賞(毎日新聞)
 セ・パ両リーグは2日、5月の月間MVPを発表した。セの投手は2完封を含む3勝を挙げた川上(中日)、野手は月間12本塁打を放ったリグス(ヤクルト)が選ばれた。川上は山本昌(中日)、松井(現ヤンキース)に並びリーグ最多タイの7度目、リグスは初受賞。

 パの投手は4戦4勝の新人・八木(日本ハム)、野手は17試合連続安打を放つなど月間打率4割3分2厘のカブレラ(西武)が受賞。カブレラは4度目の受賞で、郭泰源(元西武)、ブライアント(元近鉄)に並び、外国人選手最多タイとなった。

 ▽日本ハム・八木 驚きとうれしい気持ちでいっぱい。捕手の指示通り、丁寧に投げることを重視している。2けた勝利の目標を達成できるよう頑張りたい。

 ▽中日・川上 正直うれしい。最も印象に残っているのは、(5月5日に)亡くなった上本孝一さんが最後の球審を務めた2日の横浜戦。最高のピッチング(2安打無四球完封)ができた。

月間MVPに選ばれ、名古屋市内の練習場で記者会見する中日の川上憲伸投手 ※画像=月間MVPに選ばれ、名古屋市内の練習場で記者会見する中日の川上憲伸投手
■セは川上とリグス、パは八木とカブレラが受賞−5月の月間MVP(サンスポ)
 セ、パ両リーグは2日、5月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは川上憲伸投手(中日)とリグス内野手(ヤクルト)、パは八木智哉投手(日本ハム)とカブレラ内野手(西武)がそれぞれ選ばれた。

 川上は2完封を含む3完投で3勝を挙げ、セ最多タイの7度目の受賞。初受賞のリグスは12本塁打をマークした。八木は4戦4勝、防御率0・88の好成績で初受賞。カブレラは打率4割3分2厘をマークし、パの外国人選手最多に並ぶ4度目の受賞となった。

★川上「僕自身評価できる」
 川上は名古屋市内の室内練習場で記者会見。無四球での2完封などに「接戦でもリラックスして投げられている。僕自身評価できる」。同僚の山本昌、松井秀(現ヤンキース)に並ぶセ最多タイ7度目の受賞に胸を張った。

 昨季は交流戦初戦で負け投手となり、その後チームも苦戦した。「ふがいない投球でチームのリズムを崩したが、今年は汚名返上できている」。5月を終えてリーグトップタイ6勝の右腕は20勝への意欲ものぞかせた。

■山崎武がサヨナラ打=プロ野球・楽天−中日(時事通信)
 楽天が今季2度目のサヨナラ勝ち。2−2で迎えた延長10回、安打と敵失などで二死二、三塁とし、山崎武が決勝の左前打を放った。中日は立ち上がりに苦しんだ一場を打線がとらえられず、5回以降はわずか2安打だった。

■楽天−中日/試合経過(日刊スポーツ)
 中日は1回、福留の13号ソロで先制。楽天は2回、中日から移籍の鉄平が2死満塁から右越え2点二塁打を放ち、逆転した。
 中日は4回、ウッズの13号ソロで同点に追いついた。その後は投手戦になり、楽天は一場、中日は先発山本昌から継投で譲らない。
 楽天は9回、サヨナラ勝ちのチャンスを逃し、延長戦に突入した。
 楽天は延長10回、2死二、三塁から山崎武が左前へはじき返し、サヨナラ勝ちした。

■楽天:延長十回、中日にサヨナラ勝ち(毎日新聞)
 楽天がサヨナラ勝ち。同点の延長十回2死二、三塁から山崎武が左前打を放った。2番手として登板の小倉が2勝目を挙げた。中日は楽天の先発・一場を攻めあぐねて、得点打は福留とウッズのソロ2本。先発の山本昌の制球難も響いた。

 楽天の鉄平が「有言実行」の好例を示した。対戦相手は昨年まで在籍した中日。試合前には「特別に意識はしていないが、『(中日から)出してよかったな』と思われないようにがんばります」と話していたが、その言葉通りに一回の第1打席で左前打を放ち早速出塁。二回2死満塁で迎えた第2打席では、外角高めの直球にジャストミートし逆転打となる右翼線二塁打を放った。五回の第3打席で右翼線二塁打、七回の第4打席で右中間二塁打と大暴れ。これを見た中日・落合監督は「出してよかった」などとは決して思わなかったはずだ。

 ▽中日・福留 (先制の13号ソロ)ストレートを「イチ、ニ、サン」で打ちました。

 ▽中日・ウッズ (四回に同点となる13号ソロ)ストレートだと思う。強く振ることを考えて打った。三振しないようにね。よく飛んでくれたよ。

 ▽中日・山本昌 (五回途中、2失点で降板)チームに迷惑をかけてしまいました。今日の内容では早いイニングで降板させられても仕方がないです。

■試合終了後のコメント(CBC Exciting Stadium)
◇落合監督
「(防戦一方でしたね、の質問に対して)まあそういう試合だったな。最後の肝心要のところであんなことをしたんじゃダメだな。また練習してミスを減らしてくれればいい。明日から連勝すればいい。」

◇福留選手(初回の先制ホームランについて)
「正直、狙っていました。1・2の3で、まっすぐです。感触は良かった。」

◇ウッズ選手(4回のホームランについて)
「ストレートかな。強く振ることだけを心がけた。三振しなくて良かった。」

◇先発・山本昌投手
「チームに迷惑をかけた。早い回の交代だけど、今日の内容では仕方ないです。」

■楽3−2中(2日) 楽天がサヨナラ勝ち(共同通信)
楽天が今季2度目のサヨナラ勝ち。2−2の延長10回1死から、高須の中前打を足掛かりに2死二、三塁とし、山崎武が左前打を放った。9回2失点の一場からつないだ小倉が2勝目。中日はソロ2発のみと、打線がつながらなかった。

 ◇交流戦
 楽天−中日4回戦(2勝2敗、18時、フルスタ宮城、11408人)
 中 日 100 100 000 0−2
 楽 天 020 000 000 1x−3
(延長10回)
 ▽勝 小倉24試合2勝3敗
 ▽敗 高橋聡10試合2敗
【投手】
(中)山本昌、鈴木、岡本、高橋聡、平井−小田
(楽)一場、小倉−カツノリ、藤井
【本塁打】
(中)福留13号ソロ(1回、一場)、ウッズ13号ソロ(4回、一場)
(楽)


 ライブドアブログが復旧したようですが、またいつ障害が起きるかわからないので万が一に備えシーサーバージョンからも記事を投稿します。

 今夜の試合は試合開始から東海ラジオで聞いた。解説は新浦寿夫。1回表、福留の先制ホームランが出てよし!今夜はいけるぞと思った。ここで風呂に入る。風呂から上がり再び東海ラジオを聞くと2対2の同点だった。延長10回裏、2アウト2、3塁のピンチで山崎武司にまさかのサヨナラ安打で敗れてしまった。そして山崎武司と同じく元中日の鉄平は5打数4安打と大暴れされてしまった。鉄平は外野手の選手層の厚い中日に居たらここまでの活躍はしていなかっただろう。鉄平は楽天に行って良かったんじゃないだろうか。明日とあさっての土日は楽天にきっちり勝ってくれ!頑張れドラゴンズ!!



 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

“福留先制HR生かせず楽天にサヨナラ負け”’06年6月2日試合結果
Excerpt: ○楽天3x−2中日●(中日延長10回サヨナラ負け・土谷鉄平、山崎武司に恩返しをされる)  2006年6月2日(金)フルキャスト宮城で東北楽天ゴールデンイーグルス対中日ドラゴンズ、プロ野球交流戦4..
Weblog: DRAGONS★VICTORY
Tracked: 2006-06-02 23:39

サヨナラ負け・・・元ドラゴンズ山崎武サヨナラ安打
Excerpt: サヨナラ負け ドラゴンズ5安打 元気がないですね 得点はいずれもソロホームラン 打線のつながりがありません 1・2番が塁に出ないと・・・ 負けましたが嬉しいことといえば元ドラゴンズの選手鉄..
Weblog: -ドラゴンズファンサイト- 我等竜党 別館
Tracked: 2006-06-02 23:46

鉄平や山崎だったらしょうがないか。。。。。
Excerpt: 今日は20:00過ぎに帰宅。 急いでテレビをつけるとちょうど7回裏。 試合開始の頃は職場で経過チェックをしていたのですが、 その後忙しくなりチェックが出来なかったので、 マサさんが降板している..
Weblog: スポーツ歩き
Tracked: 2006-06-03 00:09

防戦一方
Excerpt: 楽天 3 − 2 中日 (フルキャスト) 聡文が痛いところでノーコンぶりを発揮。アブナイ!と思ったら本当に悪送球ヤラかした。 まあ、でも聡文一人に責任を負わすのは酷だな。誰も抑えられなかった鉄平を1..
Weblog: ドラゴンズが気になる。
Tracked: 2006-06-03 00:11

川上、リーグ最多タイの7度目受賞/月間MVP
Excerpt: 中日の川上憲伸投手が5月のセ・リーグ投手部門で月間MVPに選出された。月間MVP受賞は昨年7月以来、7度目。7度目の受賞は、山本昌、松井(ヤンキース)に並び最多タイ記録。 5月は5試合に登板し、..
Weblog: Edge・ザ・ニュース
Tracked: 2006-06-03 05:09

貧打 VS 拙攻
Excerpt:  貧打と拙攻との差は、ヒットの数の差である。どれだけ守り抜いたとしても、打てなければ点が入らない。点が入らなければ、決して勝つことは出来ない。一方、幾ら責め方が下手でもヒットさえ打てていれば、いつかは..
Weblog: outlandos d'amour
Tracked: 2006-06-03 06:35

鉄平先制2ベース、山崎武司サヨナラヒット、川他憲伸5月月間贈VP
Excerpt: タイトルだけ存るとドラゴンズファンは 勝ったのかと勘違いしてしまいそう(苦笑 ドラゴンズはゴールデンイーグルスに 2−3で負けてしまいました。 鉄平選手が先発山本昌投手から 先制2点タイムリー..
Weblog: ドラゴンズブルーの血が騒ぐ!
Tracked: 2006-06-03 07:39

今日のドラ 楽天3×−2中日
Excerpt: 中日は楽天に押されっぱなしの試合展開のなか投手陣がなんとか食いとどまっていたが延
Weblog: たなごころ
Tracked: 2006-06-03 13:34