最新記事
DRAGONS VICTORY中日ドラゴンズ2006 > “森野先頭打者弾!川上踏ん張り西武に快勝”’06年6月13日試合結果
2006年06月13日

“森野先頭打者弾!川上踏ん張り西武に快勝”’06年6月13日試合結果

力投する中日先発の川上憲伸=インボイス西武ドーム ●西武1−2中日○(さすがエース川上憲伸連敗止めた)
 2006年6月13日(火)インボイス西武ドームで西武ライオンズ対中日ドラゴンズ、プロ野球セ・パ交流戦4回戦が行われた。中日の先発はエース川上憲伸、西武の先発は涌井で18時00分試合開始。

 1回表、1番セカンドでスタメン出場の森野が自身初となる先頭打者ホームランで中日が1点を先制。先頭打者本塁打は今季チーム初。3回表、アレックスのタイムリーで1点を追加した。7回裏、川上がカブレラにレフトへ弾丸ライナーのホームランで1点を失い1対2。9回裏、川上に代わりマウンドは守護神岩瀬が登板。西武の反撃を三者凡退で中日が勝利。連敗を止めた。川上はリーグトップタイに並ぶ8勝目。岩瀬が17セーブ目を挙げた。川上は8イニングを投げて5安打6奪三振1四球1失点の内容だった。中日の交流戦通算成績は17勝14敗となった。阪神が楽天にサヨナラ負けをしたため再び中日が単独首位に立った!!

 ※画像=力投する中日先発の川上憲伸=インボイス西武ドーム

■中日福留が球宴ファン投票で3位に浮上(日刊スポーツ)
 中日福留がオールスターファン投票で3位に浮上した。前日12日までセ・リーグ外野手部門で金本、赤星、浜中の阪神勢に次ぐ4位だったが、浜中を逆転した。試合前に報道陣から知らされると「うれしいですね。でもまだ僕の名前が消えるかもしれないですし、頑張るだけです」。先発投手部門トップの川上とともに阪神の球宴ジャックを阻止しそうな勢いだ。

■【中日】森野がプロ初の先頭打者アーチ(日刊スポーツ)
 中日森野(1回、プロ初の先頭打者本塁打)「ビジターでの先頭打者が初めてで、何となく体が硬かったけど、思い切っていこうと思った。いい結果が出て、本当にうれしいです」

■【中日】アレックスが3回にタイムリー(日刊スポーツ)
 中日アレックス(1−0の3回2死二塁で左前適時打)「うまく反応できたね。追加点が取れて良かったよ」

■西武−中日/試合経過(日刊スポーツ)
 中日は1回に森野の先頭打者本塁打で先制。3回にアレックスの左前適時打で1点を追加した。中日先発川上は3回まで2安打無失点の好投。
 序盤に失点した西武先発涌井は4回以降立ち直り、追加点を許さない。中日川上も無失点を続け、6回を終わって中日が2−0でリード。
 中日は川上がカブレラの1発による1失点に抑える好投。岩瀬につなぎ、連敗を2で止めた。川上はハーラートップタイの8勝目を挙げた。

■中日:川上、リーグトップタイの8勝目 西武を降す(毎日新聞)
 中日が連敗を止めた。一回、森野の先頭打者本塁打で先制。三回にはアレックスの左前適時打で加点した。川上はリーグトップタイの8勝目を挙げた。西武はカブレラの14号ソロによる得点のみで、涌井を援護できなかった。

 中日・森野の今季2号は先頭打者本塁打となった。西武・涌井のカウント1−3からの143キロを振り切り、左翼席に運んだ。好調な打撃を買われ、11日の日本ハム戦から1番に起用され、その日はチーム3安打のうち、2本をマークした。新リードオフマンは「ビジターでの先頭打者は初めて。何となく体は硬かったけど、思い切っていこうと思った。いい結果が出て本当にうれしい」と先制弾を喜んだ。

■試合終了後のコメント(CBC Exciting Stadium)
◇落合監督
「次の1点が遠かったな。憲伸の時は、3点しか取れないな。3点取ったら、いけると思ったけどな。ロッテ戦よりは悪かった。このゲームがどれだけ大事かを、川上は知っている。悪いなりに投げてくれた。」

■Dragons Score Board(中日ドラゴンズ公式サイト)
「前回の借りを返したいと思っていました。投手戦で良い試合になって良かったです。先制点を取ってもらったのでその点を守っていこうと思って投げていました。丁寧に投げて試合を作ることができたと思います。西武の強力打線を8回まで1点に抑えることができてホッとしています。初戦を良い形で勝つことができて自分の役割を果たせたと思います。関東でこれだけ多くのファンの方から声援をいただいてとても励みになります。明日からも良い試合をしたいと思いますので応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました!」(談:川上投手)

 ■選手談話
【1回森野選手ホームラン】「ストレート。ビジターでの先頭打者が始めてで何となく体が硬かったけど、思い切っていこうと思った。いい結果が出て本当に嬉しいです。」

【先発川上投手について森コーチ】「今日はDHだから投げる事だけに集中しているよ。」(3回終了時)

【3回アレックス選手タイムリー】「カーブかな。上手く反応出来た。追加点が取れて良かったよ。」

■西1−2中(13日) 川上、トップに並ぶ8勝目(共同通信)
 川上が8回をカブレラのソロだけに抑え、リーグトップに並ぶ8勝目を挙げた。打線は1回に森野の先頭打者本塁打で先制。3回にアレックスの適時打で加点し、9回は岩瀬が封じた。西武は川上を攻略できず、完投の涌井は4敗目。

 ◇交流戦
 西武−中日4回戦(2勝2敗、18時1分、インボイス西武、11514人)
中 日101000000−2
西 武000000100−1
▽勝 川上12試合8勝1敗
▽S 岩瀬21試合2敗17S
▽敗 涌井12試合7勝4敗
【投手】
(中)川上、岩瀬−谷繁
(西)涌井−炭谷、細川
【本塁打】
(中)森野2号ソロ(1回、涌井)
(西)カブレラ14号ソロ(7回、川上)


 今夜の試合は試合開始から東海ラジオで聞いた。解説は権藤博=現役時代はリアルタイムには知らないが、権藤、権藤、雨、権藤と言われるくらい連投した凄い投手だった。知っているのは元中日ドラゴンズピッチングコーチ、横浜ベイスターズの監督を務めた時にはチームをリーグ優勝と日本一に導いた。

 1回表、1番の森野が先頭打者ホームランを放ち幸先良く1点を先制した。2回を聞いたところで風呂に入ることにした。風呂から上がると18時40分から岐阜放送でテレビ中継があるのでテレビを見ると5回裏で中日が2点をリードしていた。川上は今日もここまで無失点に抑えしっかり投げてくれているので安心した。しかし、7回裏、カブレラにレフトスタンドへ突き刺さるソロホームランを浴びて完封はならなかった。9回裏、岩瀬が最後をしっかり締めて中日が勝利。連敗を2で止めた。西武の涌井、炭谷の10代バッテリーに勝てて良かった。3連戦の頭を取ったので西武に3連勝と行きたい。頑張れドラゴンズ!!


 明日の試合も岐阜放送でテレビ中継があるので勝利を祈ってテレビ観戦するつもりです。明日の先発はマルティネスかな。打線がしっかり打って勝って欲しい。



 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

憲伸好投!
Excerpt: 勝ちました! 森野の先頭打者本塁打などで?得点 接戦をものにしました 憲伸はエースらしい投球でした 谷繁は1安打 若干打率を上げました 『我等竜党 別館』はドラゴンズを応援して..
Weblog: -ドラゴンズファンサイト- 我等竜党 別館
Tracked: 2006-06-13 21:59

今日のドラ 中日2−1西武
Excerpt: 中日先発川上は西武打線を8イニング5安打1失点と好投して8勝目をあげました。最後
Weblog: たなごころ
Tracked: 2006-06-13 22:09

先制・中押し、そして逃げ切り!!!
Excerpt:  サッカー・ワールドカップ・ドイツ大会に登場した日本代表は、オーストラリアを相手に先制点を挙げたが、守りきれずまさかの逆転負け。サポーターを奈落の底に突き落とした。追加点が取れそうなところで取れないと..
Weblog: outlandos d'amour
Tracked: 2006-06-13 22:27

“森野先頭打者弾!川上踏ん張り西武に快勝”’06年6月13日試合結果
Excerpt: ●西武1−2中日○(さすがエース川上憲伸連敗止めた)  2006年6月13日(火)インボイス西武ドームで西武ライオンズ対中日ドラゴンズ、プロ野球セ・パ交流戦4回戦が行われた。中日の先発はエース川..
Weblog: DRAGONS★VICTORY
Tracked: 2006-06-13 23:46

西武ライオンズVS中日ドラゴンズ
Excerpt: 【4回戦】  《インボイス》  開始 18:01 終了 20:44(2時間43分)  観衆 11,514 チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 中 日 1..
Weblog: SPORTS BLOG
Tracked: 2006-06-14 00:23

今日も早く終わりましたね。
Excerpt: 所沢での西武3連戦なので、 現地に行こうと思えばいけるのですが、 どうにもこうにも仕事が^^; この3連戦の生観戦は明日だけになりそうです。 残念。。。。。 さて、今日は川上が先発なので..
Weblog: スポーツ歩き
Tracked: 2006-06-14 09:11

日本代表とは一味違う
Excerpt: 日本代表の印象 ・攻撃陣は決定力が無く、得点に結びつかない ・守備はよいが、攻撃陣がふがいないので結局負ける ・監督の交代の基準が良く分からない ・若手が育ってない ・守備は集中力が途切れる..
Weblog: C2って?
Tracked: 2006-06-14 10:00