最新記事
DRAGONS VICTORY中日ドラゴンズ2006 > “川上憲伸 G倒逆転勝利!”’06年6月23日試合結果
2006年06月23日

“川上憲伸 G倒逆転勝利!”’06年6月23日試合結果

9勝目を挙げた中日先発の川上憲伸=ナゴヤドーム ○中日4−1巨人●(川相、奈良原が9回の守りを固める)
 2006年6月23日(金)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ、プロ野球公式戦 回戦が行われた。中日の先発はエース川上憲伸、読売の先発はパウエルで18時00分試合開始。

 1回表、イ・スンヨプのタイムリーで1点を失う。1回裏、福留のタイムリーで同点に追いつき、タイロン・ウッズのときにパウエルが暴投で勝ち越し、さらにアレックスが3塁線を破るタイムリー二塁打で3対1とした。3回裏、福留のライトスタンドへ突き刺さる15号ソロホームランで4対1。4回表、イ・スンヨプに24号ソロホームランを打たれて4対2。川上憲伸は8イニングを投げて3安打8奪三振3四球2失点。9回裏、川上から守護神岩瀬が巨人の反撃を3人で退けてゲームセット。試合は4対2で中日が勝利。川上は9勝目で対巨人戦通算20勝目を挙げた。岩瀬は19セーブ目。中日の貯金は今季最多タイの12で首位をがっちりキープした。

 ※画像=9勝目を挙げた中日先発の川上憲伸=ナゴヤドーム

■【中日】ドームなのに暑い…(日刊スポーツ)
 ドームなのになんで暑いの? 試合前の練習中、中日の選手たちがナゴヤドーム内の異常な暑さに気づいた。たまらず福留が「暑いよね? もうちょっと温度を下げてもらえないかな」と願い出た。通常時とエアコンの設定温度は変わっていなかったようだが、夏に近づくにつれドーム内の気温も上昇していたようだ。

■【中日】アレックス突き放すタイムリー(日刊スポーツ)
 中日アレックス(1回無死一、三塁で適時二塁打)「ノーアウトだったから、自分が最初のアウトにならないように、思い切っていったよ(笑い)」

■【中日】福留が3回に15号ソロ(日刊スポーツ)
 中日福留が1回、無死一、三塁で適時二塁打した。「チャンスだったので、積極的にいきました」。3回には右翼席へ15号ソロを放ち「上手く打つことができました」と満足そうに話した。

■中日が逆転勝ち=プロ野球・中日−巨人(時事通信)
 中日が逆転勝ち。1点を先行された1回、福留、アレックスの適時二塁打などで3点を奪い逆転。3回には福留の15号ソロで加点した。川上は8回2失点でリーグトップの9勝目。巨人は打線が3安打と振るわず、4連敗で貯金1となった。

■中日−巨人/試合経過(日刊スポーツ)
 巨人は1回李の適時打で1点先制。中日も1回、福留、アレックスの適時打などで3点。3回には福留の15号ソロで4−1と逆転。
 巨人は4回、李の24号ソロで1点を返して2−4と2点差に迫った。中日は4回、5回と得点圏に走者を進めるが追加点を奪えず。
 中日が川上の好投から岩瀬につなぎ、逃げ切り首位キープ。川上は9勝目。巨人は4連敗。

■【中日】川上3安打2失点9勝目(日刊スポーツ)
 首位中日は投打の主軸が活躍し、巨人を圧倒。リーグ戦再開ゲームを白星で飾った。先発のエース川上がしり上がりの投球で8回を3安打2失点で9勝目。9回は岩瀬が3人で締めくくった。打っては福留が1回に同点打。3回には4点目となる15号ソロと交流戦から好調を維持。「(本塁打は)先頭打者だったので思い切って狙ってもいいかなと。感触はよかった。いい形でスタートが切れた」と笑顔を見せた。

■中日:一回に逆転、川上好投で勝利 巨人は4連敗(毎日新聞)
 中日はエース川上の好投でリーグ戦再開を白星で飾った。1点を追う一回、福留の適時二塁打と暴投などで3点を奪い逆転。三回には福留の15号ソロで加点した。川上は9勝目、岩瀬は19セーブ目。巨人は交流戦から4連敗。

 先制したのは巨人。一回1死後、中日・川上から鈴木が四球を選び、二岡と李スンヨプが連続右前打を放ち、1点を奪った。だが、後が続かない。ディロン、小関が最初の一振りでともに邪飛に倒れた。小久保、高橋由、阿部の欠場が大きく響いた格好だ。

 その裏。中日は故障の荒木に代わって1番に定着した森野が内野安打で出塁すると、続く井端はバントの構えで揺さぶり、2ボールからヒッティング。大きく弾んで前進守備の三塁手・ディロンの脇を抜く左前打で無死一、三塁。さらに福留が114キロのカーブを引きつけて左方向へ流す二塁打を放って難なく追いついた。

 パウエル、実松の巨人バッテリーは動揺を隠し切れなかった。ウッズへの6球目がワンバウンドの暴投となり、あっさり三塁走者の井端を生還させた。中日はバッテリーミスに乗じて勝ち越し、アレックスも「自分が最初のアウトにならないように思い切っていった」と痛烈な左翼線二塁打で続いた。勢いのある中日は1死も取られずに3点を奪った。

 エース川上も二回以降、立ち直った。主力3人を欠く巨人にとって、一回の3失点があまりにも重くのしかかった。

■試合終了後のコメント(CBC Exciting Stadium)
◇落合監督
「こんな悪い川上は今年初めてだった。なんとか2点で抑えるんだから、たいしたものだ。1回すぐに逆転したのは大きい。奈良原が入って打つ手が広がった。巨人は弱くない、強い、必死で勝った。リーグ戦再開後の1勝は大きい。」

◇先発川上投手
「初回援護点が入ったのが大きい。今日はフォームに問題があって、自分の本来の投球が出来なかった。手探りで8回までもたせた。」

◇福留選手
「(1回タイムリーについて)1,2番が塁に出てチャンスを作ってくれたので気楽に打席に入れた。(3回ホームランについて)思い切って狙っていった。感触はよかった。上手く打てた。(打った球は)ストレートかな?」

■中4−2巨(23日) 川上が9勝目(共同通信)
 中日は川上が8回を2失点の好投でリーグトップの勝ち星を9に伸ばした。打線は1点を追う1回に福留とアレックスの適時二塁打など3得点で逆転。3回には福留の15号ソロで加点した。岩瀬が19セーブ目。巨人は4連敗を喫した。

 ◇セ・リーグ
 中日−巨人7回戦(巨人4勝3敗、18時、ナゴヤドーム、37635人)
 巨 人 100 100 000−2
 中 日 301 000 00×−4
 ▽勝 川上13試合9勝1敗
 ▽S 岩瀬24試合2敗19S
 ▽敗 パウエル13試合6勝3敗
【投手】
(巨)パウエル、前田、真田−実松、加藤
(中)川上、岩瀬−谷繁
【本塁打】
(巨)李承ヨプ24号ソロ(4回、川上)
(中)福留15号ソロ(3回、パウエル)


 今夜の試合は試合開始から東海ラジオで聞いた。1回表、川上が先頭の清水を打ち取ったが鈴木を四球で歩かせて、二岡にヒット、李にタイムリーを打たれていきなり1失点で不安な立ち上がり。この試合は一体どうなることかと不安になった。1回裏、パウエルの立ち上がりを攻めて森野、井端が連続ヒットで福留が二塁打ですぐに同点に追いつく。ウッズ四球のボールは暴投で3塁ランナーの井端が生還して2対1と勝ち越し。続くアレックスのタイムリー二塁打でこの回3点を返した。もしこの回0点だったら流れが変わっていたかも知れないがすぐに逆転したので、2回から川上が立ち直れば今日は勝つなと思った。ここで風呂に入ることにした。

 風呂から上がり19時から中継がはじまっている東海テレビを見る。試合は6回表で4対2で中日が2点リードしていた。マウンドには川上が投げていた。川上は落ち着いて投げていた。試合はそのまま4対2で中日が勝った。レギュラーシーズン再開後最初の試合で勝ったのは良かった。このままのっていけるだろう。明日とあさってもGを倒して首位固めと行こう!頑張れドラゴンズ!!


 9回表は川相へのサードゴロ、奈良原へのセカンドゴロ2つと全国ネットに二人の守備機会をアピールするかのような場面だった。移籍後初出場の奈良原は無難に守備をこなして落ち着いたんじゃないだろうか。貴重な守備固めとして良い活躍をして欲しいものだ。



 勝っても負けてもドラゴンズが好きなら応援クリックしてね!byドアラ
ぽちっとおしてね!


 チアドラ、ドアラに関する最新情報 ⇒ FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

リーグ戦再開 開幕はやっぱり憲伸
Excerpt: 勝ちました! 交流戦絶不調巨人に快勝! 憲伸は8回2失点と好投 最後は岩瀬が3人で終わらせました それと今日新しくドラゴンズの一員となった奈良原が初登場! きっちり仕事をしてくれました ..
Weblog: -ドラゴンズファンサイト- 我等竜党 別館
Tracked: 2006-06-23 22:31

憲伸9勝!コースケ15号!岩瀬19セーブ!
Excerpt: 交流戦が終わって初めての試合。 もちろん先発のマウンドには我らがエース川上憲伸! 初回に1点、4回に李に24号ソロを打たれて2点を失ったものの、8回を3安打2失点の好投。 打線の方は..
Weblog: 固ゆで卵で行こう!
Tracked: 2006-06-23 22:42

エースの勝利で再スタート!
Excerpt: 今日は早朝W杯をみるために仕事をお休み。 当然寝るのが遅くなるので、 昼過ぎまで寝てウダウダして、 夕方から晩酌しながら野球中継を見るというのが、 いつものパターンなのですが。。。。。 今日..
Weblog: スポーツ歩き
Tracked: 2006-06-24 00:09

鮮やか先制攻撃、ドラゴンズ再開戦勝利!
Excerpt: 今夜から再開したリーグ戦。 交流戦を乗り越え、首位に立ったドラゴンズは、 地元ナゴヤドームで3位・巨人との対戦。 4月末の東京ドームとは、ずいぶんメンバーが 入れ替わった巨人に対して、 セ界ナンバーワ..
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2006-06-24 06:13