DRAGONS VICTORY > 中日ドラゴンズ2006
2006年06月13日

“森野先頭打者弾!川上踏ん張り西武に快勝”’06年6月13日試合結果

力投する中日先発の川上憲伸=インボイス西武ドーム ●西武1−2中日○(さすがエース川上憲伸連敗止めた)
 2006年6月13日(火)インボイス西武ドームで西武ライオンズ対中日ドラゴンズ、プロ野球セ・パ交流戦4回戦が行われた。中日の先発はエース川上憲伸、西武の先発は涌井で18時00分試合開始。

 1回表、1番セカンドでスタメン出場の森野が自身初となる先頭打者ホームランで中日が1点を先制。先頭打者本塁打は今季チーム初。3回表、アレックスのタイムリーで1点を追加した。7回裏、川上がカブレラにレフトへ弾丸ライナーのホームランで1点を失い1対2。9回裏、川上に代わりマウンドは守護神岩瀬が登板。西武の反撃を三者凡退で中日が勝利。連敗を止めた。川上はリーグトップタイに並ぶ8勝目。岩瀬が17セーブ目を挙げた。川上は8イニングを投げて5安打6奪三振1四球1失点の内容だった。中日の交流戦通算成績は17勝14敗となった。阪神が楽天にサヨナラ負けをしたため再び中日が単独首位に立った!!

 ※画像=力投する中日先発の川上憲伸=インボイス西武ドーム

続きを読む
2006年06月12日

川上憲伸13日の先発登板に備えて調整練習

 13日の西武戦で先発が予想される中日のエース川上は12日、ナゴヤドームで調整の練習を行った。現在防御率はセ・リーグトップの1・37、勝てば最多勝争いでもトップ(8勝)に並ぶが「まだ練習がありますので…」と話すと、ベンチ裏へ。寡黙なまま、東京に移動した。

続きを読む
2006年06月11日

“平井失投を打たれる中日連敗で首位陥落”’06年6月11日試合結果

9回表、決勝ホーマーを打たれ降板する平井、右は落合監督=ナゴヤドーム ●中日1−2日本ハム○(川相のバスターエンドランは失敗)
 2006年6月11日(日)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ、プロ野球交流戦6回戦が行われた。中日の先発は小笠原孝、日本ハムの先発は金村で14時00分試合開始。

 2回表、稲葉のソロホームランで1点を先制された。6回裏、1アウト3塁で井端がスクイズを決めて1対1の同点に追いついた。9回表、3番手平井がセギノールにソロホームランを打たれて1対2と勝ち越される。9回裏、中日はあっさり3人で終わりゲームセット。小笠原は6イニングを投げて7安打7奪三振1失点と先発としての責任はしっかり果たす内容だった。中日は金村の前に3安打と打線が沈黙。試合は1対2で中日が敗れ連敗。阪神が勝ったため首位の座を奪われた。

 ※画像=9回表、決勝ホーマーを打たれ降板する平井、右は落合監督=ナゴヤドーム

続きを読む
2006年06月10日

“朝倉5回6失点で日本ハムにKO負け”’06年6月10日試合結果

4回表、朝倉がセギノールに2ランを浴びる=ナゴヤドーム ●中日4−7日本ハム○(敗戦も阪神も負けたので首位は変わらず)
 2006年6月10日(土)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ、プロ野球交流戦5回戦が行われた。中日の先発は朝倉健太、日本ハムの先発はディアスで15時00分試合開始。

 1回表、朝倉が小笠原のタイムリー二塁打などで2点を失う。1回裏、2アウトから福留が二塁打、続くウッズがタイムリー二塁打で1点を返す。調子の上がらない朝倉は3回に2失点。4回にもセギノールに2ランを許して2失点で1対6とされた。7回裏、代打上田のタイムリーで1点を返し、続く代打高橋光信の2ランホームランでこの回3点を返し4対7と3点差にした。その後得点を挙げることが出来ず試合は4対7で中日が敗れた。朝倉は5イニングを投げて11安打5奪三振2四球6失点の内容で負け投手となった。

 ※画像=4回表、朝倉がセギノールに2ランを浴びる=ナゴヤドーム

続きを読む
2006年06月09日

“福留孝介逆転3塁打で勝利!中日首位奪回!”’06年6月9日試合結果

8回裏、中日1死満塁、福留が右翼線に走者一掃の決勝三塁打を放つ=ナゴヤドーム ○中日4x−2日本ハム●(交流戦でセ首位に返り咲き)
 2006年6月9日(金)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ、プロ野球交流戦4回戦が行われた。中日の先発は不惑のエース山本昌、日本ハムの先発は地元名古屋市出身でプロ初先発のルーキー武田勝で18時01分試合開始。

 両チーム無得点で0対0で迎えた8回表、7回まで日本ハム打線を6安打無失点と好投していた山本昌は、田中賢にヒット。続く小笠原に福留の頭上を越えるライトスタンドへ2ランホームランを打たれて2点を失う。ここで落合監督がマウンドへ行き山本昌は降板して岡本に代わった。2点を追う中日は8回裏、1アウト満塁として福留が1塁線を破る走者一掃の3点タイムリースリーベースヒットで3対2と逆転。アレックスの内野安打でさらに1点を追加して4対2とした。9回表、守護神岩瀬が三者凡退で退けてゲームセット。中日が4対2で逆転勝利を挙げた。今季最多となる貯金10。阪神が西武に敗れたため、4月7日以来のセ・リーグ首位に立った。

 ※画像=8回裏、中日1死満塁、福留が右翼線に走者一掃の決勝三塁打を放つ=ナゴヤドーム

続きを読む
2006年06月08日

“中日打線爆発!佐藤充ロッテを無四球完封!”’06年6月8日試合結果

4回裏、中日2死二、三塁、森野が右越えに3ランホーマーを放つ=ナゴヤドーム ○中日16x−0ロッテ●(今季最多タイの貯金9で2位浮上!)
 2006年6月8日(木)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対千葉ロッテマリーンズ、プロ野球交流戦6回戦が行われた。中日の先発は佐藤充、ロッテの先発は久保で18時00分試合開始。

 4回裏、アレックスのタイムリーで先制。森野の今季1号3ランホームランでこの回4点を奪った。その後5回に5点、6回に5点、7回に2点と中日は18安打で16得点を挙げた。佐藤充は9イニングを投げて7安打4奪三振無四球完封勝利で4勝目を挙げた。3試合連続完投勝利は見事だ。中日4カード連続勝ち越しで交流戦調子を上げてきた。

 ※画像=4回裏、中日2死二、三塁、森野が右越えに3ランホーマーを放つ=ナゴヤドーム

続きを読む
2006年06月07日

“平井手痛い一発を浴びロッテに敗れる”’06年6月7日試合結果

球審に判定に不満のポーズをみせるマルティネス=ナゴヤドーム ●中日1−2ロッテ○(どうした?ウッズ4三振)
 2006年6月7日(水)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対千葉ロッテマリーンズ、プロ野球交流戦5回戦が行われた。中日の先発はルイス・マルティネス、ロッテの先発は成瀬で18時01分試合開始。

 3回表、サブローにタイムリー二塁打を浴びて1点の先制を許した。4回裏、2アウト1塁でアレックスがレフトの頭上を越えるフェンス直撃のタイムリー二塁打で1塁ランナー福留が好走塁でホームインして1対1の同点に追いついた。7回表、この回から2番手岡本がマウンドに上がる。1アウト満塁の大ピンチを招いた無失点でしのいだ。8回表、3番手として平井がマウンドに上がる。代打ワトソンにソロホームランを浴びて1対2と1点の勝ち越しを許す。9回裏、ロッテはマウンドに小林雅英が上がった。福留がセンターフライ。ウッズは4打席連続の三振。アレックスはセカンドフライに倒れてゲームセット。試合は1対2で中日が敗れた。

 ※画像=球審に判定に不満のポーズをみせるマルティネス=ナゴヤドーム

続きを読む
2006年06月06日

“川上憲伸1安打完封勝利!対ロッテ戦連敗を8で止める”’06年6月6日試合結果

ロッテから1安打完封勝利を挙げた川上憲伸=ナゴヤドーム ○中日3x−0ロッテ●(川上ロッテを7回2アウトまでパーフェクト9回ノーアウトまでノーヒットノーラン)
 2006年6月6日(火)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対千葉ロッテマリーンズ、プロ野球交流戦4回戦が行われた。中日の先発はエース川上憲伸、ロッテの先発は小野晋吾で18時00分試合開始。

 1回表、先頭の英智が死球で出塁。井端がバントで送り。3番福留がセンター前にヒットを放ち中日が幸先良く1点を先制した。3回裏、川上がレフト前ヒット。英智が送りバント。井端がライトの頭上を越えるタイムリー二塁打で川上を返して2点目。タイロン・ウッズのライト前ヒットで井端が生還して3対0とした。川上は7回2アウトまで完全試合。福浦に四球を与えて惜しくも完全試合はならなかった。そして9回表のマウンドにはここまでロッテ打線にヒットを許してない川上が上がりノーヒットノーランの期待がかかった先頭打者代打のサブローにライト前にヒットを打たれてノーヒットノーランはならず。しかし後続を断ち川上はロッテ打線を1安打に封じ3対0で完封勝利を挙げた。中日は30勝到達で貯金を9とした。

 ※画像=ロッテから1安打完封勝利を挙げた川上憲伸=ナゴヤドーム

続きを読む
2006年06月05日

中日2軍、月曜日は休日返上で練習

 中日は落合監督の指示で2軍も月曜休日がなくなった。5日、ナゴヤ球場では午前中に2軍野手全員と一部投手陣の練習が行われた。ここまで2軍のチーム打率は1割9分8厘と低迷。高柳2軍打撃コーチは「オールスターまでは、とりあえず(練習)をやる。打てないんだから、練習するしかない」と話した。

続きを読む
2006年06月04日

“渡辺二塁打2本4打点の活躍で楽天に連勝”’06年6月4日試合結果

2回表、中日1死一、二塁、渡辺がレフト線に2点適時二塁打を放つ=フルキャスト宮城 ●楽天2−9中日○(中日3カード連続勝ち越し)
 2006年6月4日(日)フルキャスト宮城で東北楽天ゴールデンイーグルス対中日ドラゴンズ、プロ野球交流戦6回戦が行われた。中日の先発は小笠原孝、楽天の先発は藤崎で13時00分試合開始。

 中日は初回、2アウト二塁でタイロン・ウッズのタイムリー二塁打で1点を先制。2回表、渡辺のタイムリー二塁打で2点を追加、さらに福留のライト前タイムリーで2点を追加してこの回4点を挙げて5点のリードとした。先発小笠原は6イニングを投げて6安打5奪三振1四球2失点の内容だった。試合は2対9で中日が楽天に連勝。先発小笠原が2勝目を挙げた。

 ※画像=2回表、中日1死一、二塁、渡辺がレフト線に2点適時二塁打を放つ=フルキャスト宮城

続きを読む
2006年06月03日

“朝倉、岩瀬のリレーで楽天に快勝”’06年6月3日試合結果

6回表、勝ち越しの2ランホームランを放ったT・ウッズを迎える朝倉=フルキャスト宮城 ●楽天2−6中日○(朝倉5勝目も完投を逃す)
 2006年6月3日(土)フルキャスト宮城で東北楽天ゴールデンイーグルス対中日ドラゴンズ、プロ野球交流戦5回戦が行われた。中日の先発は朝倉健太、楽天の先発は松崎で13時00分試合開始。

 2回裏、朝倉がリックにタイムリーを打たれて1点の先制を許した。3回表、1アウト1,3塁で福留がレフトへの犠牲フライで1対1の同点に追いつく。6回表、タイロン・ウッズの12号2ランホームランで勝ち越した。なおも高橋光信のタイムリー二塁打などでこの回4点を追加して1対5とした。朝倉は9回途中まで投げて10安打3奪三振1四球2失点の内容だった。岩瀬が2打者を抑えて2対6で中日が勝利。朝倉が5勝目、岩瀬が15セーブ目を挙げた。

 ※画像=6回表、勝ち越しの2ランホームランを放ったT・ウッズを迎える朝倉=フルキャスト宮城

続きを読む
2006年06月02日

“福留先制HR生かせず楽天にサヨナラ負け”’06年6月2日試合結果

延長10回裏、山崎武司のサヨナラ安打で敗れる=フルキャスト宮城 ○楽天3x−2中日●(中日延長10回サヨナラ負け・土谷鉄平、山崎武司に恩返しをされる)
 2006年6月2日(金)フルキャスト宮城で東北楽天ゴールデンイーグルス対中日ドラゴンズ、プロ野球交流戦4回戦が行われた。中日の先発は不惑のエース山本昌、楽天の先発は一場靖弘で18時00分試合開始。

 1回表、2アウトランナーなしで福留がライトスタンドへ13号ソロホームランで1点を先制した。2回裏、山本昌が鉄平に逆転2点二塁打を浴びて2対1と逆転された。4回表、ウッズの13号ソロホームランが飛び出して2対2の同点に追いつく。延長10回裏、2アウト2、3塁で楽天の5番指名打者山崎武司にレフト前にヒットを打たれサヨナラで敗れた。

 ※画像=延長10回裏、山崎武司のサヨナラ安打で敗れる=フルキャスト宮城(手前はサヨナラ負けでガッカリしながら引き上げる井端?)

続きを読む
2006年06月01日

“佐藤充2試合連続完投勝利!”’06年6月1日試合結果

6回表、中日2死二、三塁、代打立浪が右翼線に勝ち越しの2点二塁打を放つ=大阪ドーム ●オリックス1−5中日○(中日集中打で逆転勝利!)
 2006年6月1日(木)大阪ドームでオリックスバファローズ対中日ドラゴンズ、プロ野球セ・パ交流戦6回戦が行われた。中日の先発は佐藤充、オリックスの先発は吉井で18時00分試合開始。

 3回裏、オリックスに1点を先制された。6回表、オリックス吉井にここまで3安打に抑えられていたドラゴンズ打線は福留のタイムリーで同点に追いつき、代打立浪の2点タイムリー二塁打で1対3と逆転。この回一挙5点を入れた。佐藤充は9イニングを投げて7安打4奪三振1四球1失点の完投勝利で3勝目を挙げた。

 ※画像=6回表、中日2死二、三塁、代打立浪が右翼線に勝ち越しの2点二塁打を放つ=大阪ドーム

続きを読む